急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎・蓄膿症の違いを知ろう!

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎・蓄膿症の違い

このページでは、

 

副鼻腔炎・急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎・蓄膿症

 

の言葉の違いを説明します。

スポンサーリンク

 

あまり神経質に考える必要はありませんので、「なんとなくで大丈夫!」と言う方は、「副鼻腔炎の種類や症状(基礎知識)」をご覧ください。

 

では、さっそく説明にうつりましょう。

言葉の違いについて

「副鼻腔炎」とは、

 

「急性副鼻腔炎」
「慢性副鼻腔炎」
「好酸球性副鼻腔炎」
「副鼻腔真菌症」

 

四つの総称です。

 

では、「蓄膿症」が何を指すかと言うと、

 

「副鼻腔に膿が溜まった状態」

 

をかつては指し示していました。

 

しかし、「蓄膿症」という言葉は、現在では正式な医学用語では無いのですが、

 

一般的に「慢性副鼻腔炎」の俗称として使われているのです。

 

そこでややこしくなるのが、病名と、症状の不一致です。

 

「急性副鼻腔炎」
 
が3週間以上続くと
 
「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」

 

と記載されることが多いのですが、

 

厳密には、

 

「急性副鼻腔炎」は細菌感染が原因、

 

「慢性副鼻腔炎」は自然孔(鼻腔と副鼻腔の間)が狭くなり、副鼻腔内の空気循環が悪くなっていることが原因

 

とされており、

 

そもそも慢性化している原因が違うんですね。

スポンサーリンク

 

なので、正解は

 

  • 副鼻腔炎(炎症を起こし鼻腔内に膿が溜まる症状《4種類》) = 蓄膿症
  • 3週以上続く「急性副鼻腔炎」 = 「3週間以上続く急性副鼻腔炎」
  • 慢性副鼻腔炎は、他のなにものでもない

 

になるかと思われます。

 

ただし、一般論では

 

「急性副鼻腔炎」が3週間以上続く症状 = 「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」

 

となっており、多くのサイトでも、その様に説明されています。

 

したがって、当サイトでも

 

「急性副鼻腔炎」が3週間以上続く症状 = 「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」

 

として、原則は扱います。

 

副鼻腔炎(蓄膿症),後鼻漏にオススメの市販薬ランキング!

 

※ここに記載の内容は、すべて筆者が調べた内容であり、必ずしも正確ではありません。

スポンサーリンク

 

副鼻腔炎の基礎(種類や違いについて!)

  1. 急性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
  2. 慢性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
  3. 好酸球性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
  4. 副鼻腔真菌症の症状・原因・治療!
  5. 上顎洞炎(歯性上顎洞炎)の症状・原因・治療!

 

<あわせてご確認下さい>

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
















 

関連ページ

急性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
頭痛を伴う急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)!風邪や細菌により副鼻腔が炎症を起こす事で発症します!治し方に併せ、治療期間も説明します!正しい知識があれば、早く治す事が出来ます!
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の症状・原因・治療!
口臭・鼻の奥が臭い!それ、蓄のう症かも知れません!症状(咳・頭痛・痛み)や、原因、治し方(改善)について説明します!自然治癒は?完治するの?治療期間は?
好酸球性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
副鼻腔炎の一種、好酸球性副鼻腔炎の特徴・治し方などを説明します!「はなたけ」は手術で治す事が出来るのか?詳しく解説します!
副鼻腔真菌症の症状・原因・治療!
真菌(カビ)が原因の副鼻腔炎「真菌性副鼻腔炎」。チーズ状の乾酪性物質が出たり、上顎洞が痛む、腫れる事が多いです。原因・治し方・症状を知りましょう!
上顎洞炎(歯性上顎洞炎)の症状と治療!
副鼻腔炎のひとつ「上顎洞炎」について、「歯性上顎洞炎との違い」や、何科を受診すべき?放置していいの?自然治癒はするの?という点を分かりやすく説明します。
航空性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
代表的な副鼻腔炎(急性・慢性・好酸球性・副鼻腔真菌症)以外にも、実は気圧の変化で起こる副鼻腔炎があります。そんな航空性副鼻腔炎について説明します。
副鼻腔炎の手術内容や費用!
急性副鼻腔炎や蓄のう症、副鼻腔真菌症、好酸球性副鼻腔炎における日帰り内視鏡手術の内容、費用、体験談について。また、他の手術のメリット、デメリットも。
副鼻腔炎(蓄膿症)にオススメの市販薬・サプリ
急性副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)、後鼻漏に効果抜群!自然治癒を助けてくれるオススメの市販薬をランキング形式で紹介します。また、嫌なムズムズやドロドロをスッキリさせる「オススメのなた豆サプリ」も合わせて紹介します。
蓄膿症・副鼻腔炎の膿を出す方法(治療+自宅で出来るもの)
副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)では膿が溜まります。ここでは膿を出す方法(病院で行われる治療や自宅で出来るもの)について、個人的な経験から紹介しています。
副鼻腔炎と蓄膿症に効果的なツボ!
副鼻腔炎(蓄膿症)に効果的なツボを画像付きで紹介しています。指圧も効きますが、マッサージもオススメです。副鼻腔炎・蓄膿症にお困りの方は是非チャレンジしてみてください!
副鼻腔炎・蓄膿症の抗生物質(抗生剤)は本当に効くのか?!
副鼻腔炎(蓄膿症)では抗生物質・抗菌薬が処方されるが、本当に効くのか?長期服用は大丈夫なのか?処方薬はクラリス・クラビット・ジスロマック・メイアクト・フロモックスあたりが有名です。
副鼻腔炎(蓄膿症)は治らないのか?
副鼻腔炎や蓄膿症を繰り返す・・・ 完治したと思ったら再発する、なかなか治らない・・・ その原因として考えられること、そして対処と予防についてまとめてみました。
副鼻腔炎(蓄膿症)と妊婦や授乳中の治療
妊婦の方や、授乳中の方が副鼻腔炎や蓄膿症をわずらった場合、どのような治療・対処が行われるのでしょうか?分かりやすくまとめてみました。
副鼻腔炎(蓄膿症)で熱・微熱が出る原因と対処
副鼻腔炎や蓄膿症では熱や微熱が続く場合があります。熱が下がらない場合の対処法や、蓄膿症の対処法、解熱剤を使うべきか?という点について説明しています。
副鼻腔炎や蓄膿症でも「鼻水が出ない」「鼻づまりなし」となる5つの原因
急性副鼻腔炎や、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されたのに、鼻づまりがおきず、鼻水も出ないというケースがあります。これはなぜなのか?まとめました。

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報