急性副鼻腔炎の症状,原因,治療!自然治癒する?|蓄膿症専門

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

急性副鼻腔炎の症状・原因・治療

このページでは、

 

  • 急性副鼻腔炎の症状・原因・治療
  • 治療期間は?自然治癒はするの?
  • その症状、本当に急性副鼻腔炎!?

 

について、どこよりもわかりやすく説明させて頂きます。

 

そもそも副鼻腔炎って何!?という方はまずコチラ

 

  • 頬や鼻周りが痛い!
  • 口臭がする!
  • とても濃い鼻水が出る!

 

などの症状が起きている場合、この急性副鼻腔炎を疑いましょう!

スポンサーリンク

 急性副鼻腔炎の症状とは?

まずは、急性副鼻腔炎(別名:急性蓄膿症)の症状を知りましょう!

 

一般的に1ヶ月ほどで症状が無くなる副鼻腔炎「急性副鼻腔炎」と呼びます。

 

主な症状としては、

 

 

などが挙げられます。

 

まれに、副鼻腔の炎症が目や脳にも及ぶ場合があります。

 

急性副鼻腔炎は風邪の延長で発症することが多く、症状自体が「風邪が長引いているのかな?」と思わされるようなものばかりです。

 

もともとアレルギー性鼻炎を持っている人は鼻腔粘膜が弱いため、風邪やインフルエンザが原因となり急性副鼻腔炎を起こしやすいと言われています。

 

また、アレルギー性鼻炎には自覚症状が出ない場合もあり、急性副鼻腔炎になって初めて自分がアレルギー性鼻炎を持っていたと気づくケースもあります。

 

鼻粘膜が弱いところに風邪やインフルエンザウィルスなど感染力の強い病原菌が感染し、さらにそこへ細菌感染が起こる病気なので強い自覚症状を伴います。

 

そのため風邪っぽさ以外にも、顔の痛み(副鼻腔部分の痛み)や、喉に落ちてくる鼻水に臭いを感じます。

 

また、それにより口臭も酷くなります。

 

その他の症状として出やすい「頭痛」については、一番の原因は額の部分にあたる「前頭洞」という副鼻腔が炎症を起こしているからです。

 

また、急性副鼻腔炎の特徴として左右どちらかだけで炎症が起きることが多く、鼻づまりや痛みも、炎症を起こしている方で起きます


 急性副鼻腔炎の原因を知る!

副鼻腔炎とは、
鼻、頬、額にある計8つの副鼻腔のいずれかが、何らかの原因で炎症を起こす事です。
(副鼻腔炎の基礎情報はコチラ)

 

 

@上顎洞(じょうがくどう)
⇒鼻の両側(頬付近)

A篩骨洞(しこつどう)
⇒目頭の内側

B前頭洞(ぜんとうどう)
⇒眉間から眉上

C蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)
⇒A篩骨洞のさらに奥深く

 

急性副鼻腔炎の場合は、主に風邪による細菌感染が原因で、副鼻腔に炎症が起きます。

 

ここでいう ”菌” とは、

 

  • インフルエンザ菌
  • 肺炎球菌
  • ブドウ球菌

 

などが挙げられます。

 

上で説明した通り、“もともとアレルギー性鼻炎持ち” の人はかかる可能性が高まります。

 

 

なお、鼻の横(上顎洞)が炎症を起こした場合は、「上顎洞炎」とも呼ばれ、虫歯や歯周病が原因の場合もあります。
>>上顎洞炎(副鼻腔炎)の症状と治療!原因の3割は歯性上顎洞炎

 

 

また、急性副鼻腔炎のひとつに、潜水や飛行機など、副鼻腔の気圧が変化する場合に起きる、「航空性副鼻腔炎(気圧性副鼻腔炎)」もあります。
>>航空性副鼻腔炎ってなに?

 

 

また稀に、急性副鼻腔炎が原因で中耳炎を合併することがあります。

 

この場合副鼻腔炎の治療と合わせて耳鼻科でも治療を行わないと、聴力や視力の低下、意識障害などを起こすことがあるので注意が必要です。

 

では次に、
「急性副鼻腔炎の治療」について説明しましょう!

スポンサーリンク

 急性副鼻腔炎の治療を知る!

急性副鼻腔炎の治療には、
主に以下の様なものがあります。

 

 

まず第一に!

アレルギー性鼻炎や花粉症がある場合、そちらの治療が第一選択肢となります。

 

 

 抗生物質の服用

上記の通り、急性副鼻腔炎の最大の原因は

 

「菌による感染」

 

です。

 

したがって治療には殺菌力の強い抗生物質が処方されますが、感染したウィルスの種類によっては抗生剤が効かないケースもあります。

 

そのため、ほかの菌への感染を予防するために、抗菌スペクトルの広い(効果のある菌の種類が多い)抗生物質が処方されることが多いです。

 

こんな抗生物質が処方される!

 

セフェム系抗生物質

・ケフラール
・フロモックス
・ケフレックスなど

 

ニューキノロン系抗生物質

・タリビット
・シプロキサン
・クラビットなど

 

ペニシリン系抗生物質

・ビクシリン
・サワシリン
・アモリンなど

 

■おすすめ関連ページ!
>>副鼻腔炎・蓄膿症の抗生物質(抗生剤)は本当に効くのか!?

 

 

排膿薬(粘膜調整薬)の服用

治療の一手法としてムコダイン(カルボシステイン)などの去痰・排膿薬が用いられることもあります。

 

ムコダインは膿の排出を助けるほか、荒れた副鼻腔内の粘膜を修復する作用を持ちます。

 

ムコダイン(カルボシステイン)とは?効能・効果・副作用|痰と鼻水の薬

 

 

消炎酵素剤

腫れを和らげる作用があり、鼻水のキレを良くする薬です。

 

エンピナース、ノイチームなどの薬があります。

 

効果は上の「粘液調整薬」ほど強くないので、一般的には上記の粘膜調整薬が使われることの方が多いようです。

 

 

鼻水の吸引とネブライザー療法

鼻水を吸引した後に、霧状にした抗菌薬を鼻から吸い込みます。

 

自然孔(鼻腔と副鼻腔の間)を開くために、まずは血管収縮薬を噴きかけます。

 

自然孔が開けば、次にネブライザー治療(抗菌薬を鼻から吸引する)を行います。

 

 

 膿の洗浄(排膿洗浄)

膿を吸出し副鼻腔をキレイに洗浄する方法であり、以下の2種類があります。

 

下記以外にも、「ヤミックカーテル」を使う方法もありましたが、ロシアの医療器具として開発されたため、現在は日本では薬事法の関係から輸入出来ないようです。

 

 

 プレッツ置換法

最初に鼻腔内をきれいに吸引しておきます。
まずは仰向けになり、頭を後ろにそらす姿勢をとります。
その状態で、一方の鼻を押さえて、生理食塩水もしくは薬液を鼻に流し込みます。
液を流し込んだ方に「(わかりやすく言うと)スポイトのようなもの」を入れ、空気を吸い出します。
(その際に、声を出すことで息を止めています)
吸引を止めると、空気が抜かれた副鼻腔に、一気に空気と薬液が流れ込みます。
これを繰り返すことで、薬液と膿が徐々に吸い出されてきます。

 

 

 穿刺洗浄

上顎洞(頬の副鼻腔)の膿取りに使用される方法としてメジャーです。
鼻腔と上顎洞の間にある薄い壁に針を刺し、膿を吸引します。
吸引後は内部を水で洗浄し、抗菌薬を上顎洞内に吹きかけます。

 

 

 手術を受ける

急性副鼻腔炎で手術を受けることはまれだと思われますが、繰り返す場合(慢性化している場合)は手術も一つの手段として考えられます。

 

手術に関しては別ページで詳しく説明しております。
副鼻腔炎の手術内容や費用を知ろう!

 

 

 家庭内治療をする

「鼻うがい」は、副鼻腔炎にも有効とされています!
副鼻腔炎には鼻うがい!やり方と効果!

 

「鼻洗浄器」を使いやすさとコスパをランキング!
ハナノア・ハナクリーンS(EX)・ナサリンを使い比べてみた!オススメ鼻洗浄器と使い方・コツ!

 

「市販薬」を長年色々使ってきた中でランキング!
急性・慢性副鼻腔炎に効く市販薬と漢方効果!

 

有名な「チクナイン」は本当に効くか?
チクナインの効果・副作用を口コミ!価格・効き目は評判通り?

 

副鼻腔炎は「漢方薬の得意分野」でもあります。
【漢方薬の種類と使い分け】副鼻腔炎(蓄膿症)治療!

 

 

では続いて、
「急性副鼻腔炎の治療期間」について説明します。

スポンサーリンク

治療期間は?自然治癒はするの?

上記の通り、急性副鼻腔炎は「細菌」が原因です。

 

長引けば1ヶ月以上症状が続く場合もありますが、自己免疫力により細菌を除去し、自然治癒してゆく事は多々あります

 

しかし、「自然治癒は可能」とは言え、炎症が酷くなった場合には、ますます治療に時間が掛かります

 

また、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に進行する可能性もあります。

 

きちんと病院で治療を受ければ、ほとんどの場合が2週間もすれば治まります

 

その為、病院に行くことを絶対的にオススメしますが、市販薬鼻うがいによるセルフケアは、取り入れる事をオススメします。

 

 その症状、本当に急性副鼻腔炎!?

副鼻腔炎は、
大きく分けて4種類に分類されます。

 

それぞれ原因も治療も異なりますので、他の症状も合わせてご確認ください!

 

 

副鼻腔炎の基礎(種類や違いについて!)

  1. 急性副鼻腔炎の症状・原因・治療(当ページ)
  2. 慢性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
  3. 好酸球性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
  4. 副鼻腔真菌症の症状・原因・治療!
  5. 上顎洞炎(歯性上顎洞炎)の症状・原因・治療!

 

<あわせてご確認下さい!>

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
















関連ページ

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の症状・原因・治療!
口臭・鼻の奥が臭い!それ、蓄のう症かも知れません!症状(咳・頭痛・痛み)や、原因、治し方(改善)について説明します!自然治癒は?完治するの?治療期間は?
好酸球性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
副鼻腔炎の一種、好酸球性副鼻腔炎の特徴・治し方などを説明します!「はなたけ」は手術で治す事が出来るのか?詳しく解説します!
副鼻腔真菌症の症状・原因・治療!
真菌(カビ)が原因の副鼻腔炎「真菌性副鼻腔炎」。チーズ状の乾酪性物質が出たり、上顎洞が痛む、腫れる事が多いです。原因・治し方・症状を知りましょう!
上顎洞炎(歯性上顎洞炎)の症状と治療!
副鼻腔炎のひとつ「上顎洞炎」について、「歯性上顎洞炎との違い」や、何科を受診すべき?放置していいの?自然治癒はするの?という点を分かりやすく説明します。
航空性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
代表的な副鼻腔炎(急性・慢性・好酸球性・副鼻腔真菌症)以外にも、実は気圧の変化で起こる副鼻腔炎があります。そんな航空性副鼻腔炎について説明します。
副鼻腔炎の手術内容や費用!
急性副鼻腔炎や蓄のう症、副鼻腔真菌症、好酸球性副鼻腔炎における日帰り内視鏡手術の内容、費用、体験談について。また、他の手術のメリット、デメリットも。
副鼻腔炎(蓄膿症)にオススメの市販薬・サプリ
急性副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)、後鼻漏に効果抜群!自然治癒を助けてくれるオススメの市販薬をランキング形式で紹介します。また、嫌なムズムズやドロドロをスッキリさせる「オススメのなた豆サプリ」も合わせて紹介します。
急性・慢性副鼻腔炎、蓄膿症 の厳密な違いとは?
急性蓄膿症・慢性副鼻腔炎・蓄膿症、などなど、似たような言葉が多いのですが、厳密には表すものが違うのです。その違いを説明します。
蓄膿症・副鼻腔炎の膿を出す方法(治療+自宅で出来るもの)
副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)では膿が溜まります。ここでは膿を出す方法(病院で行われる治療や自宅で出来るもの)について、個人的な経験から紹介しています。
副鼻腔炎と蓄膿症に効果的なツボ!
副鼻腔炎(蓄膿症)に効果的なツボを画像付きで紹介しています。指圧も効きますが、マッサージもオススメです。副鼻腔炎・蓄膿症にお困りの方は是非チャレンジしてみてください!
副鼻腔炎・蓄膿症の抗生物質(抗生剤)は本当に効くのか?!
副鼻腔炎(蓄膿症)では抗生物質・抗菌薬が処方されるが、本当に効くのか?長期服用は大丈夫なのか?処方薬はクラリス・クラビット・ジスロマック・メイアクト・フロモックスあたりが有名です。
副鼻腔炎(蓄膿症)は治らないのか?
副鼻腔炎や蓄膿症を繰り返す・・・ 完治したと思ったら再発する、なかなか治らない・・・ その原因として考えられること、そして対処と予防についてまとめてみました。
副鼻腔炎(蓄膿症)と妊婦や授乳中の治療
妊婦の方や、授乳中の方が副鼻腔炎や蓄膿症をわずらった場合、どのような治療・対処が行われるのでしょうか?分かりやすくまとめてみました。

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報