胃酸過多とは?症状・原因・対処【出すぎた胃酸を抑える】

胃酸過多とは?症状・原因・対処【出すぎた胃酸を抑える】

このページでは、

 

  • 胃酸過多とは?
  • 胃酸過多の症状と原因
  • 胃酸過多への対処とおすすめ市販薬

 

についてわかりやすく!説明します。

 

人気記事!

筆者自身、胃痛や胃もたれが頻発していた頃に数多くの胃薬を飲んできました。

胃薬の種類や、症状による使い分け、実感度が高かったオススメの胃薬をランキング形式で紹介しています。

>>胃薬の種類とおすすめ市販薬ランキング!効果・副作用をまとめてみた!

スポンサーリンク

胃酸過多ってなに??

胃酸過多(いさんかた)とは、
消化の時に胃の中で分泌される「胃酸」が、なんらかの原因で大量に分泌される症状を言います。

 

生活習慣からくるものと、
「食道から胃腸に生じる病気」に伴って現れるものがあります。

 

食べたものを消化する時に「胃酸」は盛んに分泌されるのですが、「胃酸過多」になると、空腹時(胃が空っぽの時)でも胃酸が過剰に分泌され、後に挙げる症状を引き起こします。

 

胃酸過多による症状とは?

胃酸過多の具体的な症状としては、増加した胃酸によって胃の内部が圧迫されて起こる

 

  • 胃もたれ
  • 胸焼け

 

が最も多くなります。

 

胃もたれ」では、
ムカムカ重苦しい感じを胃腸付近で感じます。

 

対して「胸やけ」では、
みぞおち付近に胃もたれ同様の症状があらわれます。

 

また、胃酸特有の酸っぱい臭いが口まで逆流してくる「呑酸(どんさん)」も代表的な症状です。

 

この「呑酸」が日常的におきると、口臭がきつくなったり、頻繁にゲップが出るなどするため、接客業など人と接する機会の多い人は十分なケアを心がける必要性があります。

 

口臭の予防対策になる市販薬と漢方薬!サプリメントは効く? 

 

 

また、胃酸過多が慢性化すると強酸性の胃酸によって胃の内壁が傷つけられ、

 

  • 胃ろう(胃に穴が開くこと)
  • びらん性胃炎(胃酸の刺激で胃の内壁がただれる病気)

 

など、より重症度の高い胃の病気にまで悪化することもあります

 

 

では続いて
「胃酸過多の原因」について説明しましょう。

スポンサーリンク

胃酸過多の原因とは?

「胃酸過多」の原因としては、

 

  1. 自律神経に関するもの
  2. 高ガストリン血症によるもの

 

があげられます。

 

少し難しそうに聞こえるかもしれませんが、簡単に説明します。

 

※小難しいのが苦手という方は、飛ばしてください

 

 

1.自律神経に関するもの

自律神経に関する要因とは、

 

・ストレス
・過激なダイエット
・暴飲暴食
・寝不足

 

など、主に生活習慣の乱れ、加齢などが原因で自律神経のバランスが乱れ、胃酸をコントロールする神経回路に狂いが生じてしまうことで、胃酸過多になります。

 

 

2.高ガストリン血症によるもの

「ガストリン」とは内分泌系ホルモンの一種で、胃の出口にある “幽門前庭部” から分泌されています。

 


画像出典:http://www.geocities.jp/study_nasubi/a/a8.html

 

「ガストリン」の役割は、

 

  • 胃酸や消化酵素の分泌のコントロール
  • 胃壁の細胞増殖の活性化(代謝)
  • インスリンの分泌の促進

 

などです。

 

ここで、胃の中がピロリ菌に感染した場合に、ピロリ菌の出すアンモニアの刺激によってガストリンの分泌が促進されてしまい、胃酸過多になりやすくなります。

 

このように、血液中の「ガストリン」が以異常に高い場合を、「高ガストリン血症」と言います。

 

 

 

また、上で挙げた2つも「胃酸過多の要因」ではありますが、以下のような病気に伴ってあらわれることもあります。

 

  • 胃潰瘍(いかいよう)
  • 胃がん
  • 腹水貯留(ふくすいちょりゅう)
  • 慢性胃炎
  • 逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

 

 

 

では続いて
「胃酸過多への対処」について説明しましょう!

スポンサーリンク

胃酸過多への対処とは?

胃酸過多への対処は

 

「生活習慣を改善する」
「市販薬の助けを借りる」

 

の2つです。

 

 

1.生活習慣の改善!

ここまで説明しましたとおり、胃酸過多の原因は主に

 

  • 生活習慣による自律神経の乱れによるもの
  • 胃潰瘍や胃炎、逆流性食道炎など「胃の病気」によって引き起こされるもの

 

ということが分かります。

 

しかし、そもそも胃酸過多が原因となって胃潰瘍や逆流性食道炎を引き起こすこともありますし、胃の病気は根底に生活習慣によるものが大きいです。

 

このように、胃酸過多と密接な関連性のある胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎などの胃腸病の予防改善には、以下のような対策が必要です。

 

  1. “胃が痛い” “お腹に張りを感じる” “胸焼け、胃のもたれがある” など胃酸過多が強く疑われる症状がある時は、できるだけ早い段階で消化器内科に相談して適切な治療を受ける。
  2. 暴飲暴食、過激なダイエットをやめ、生活習慣を規則正しいものにする。
  3. 食事は栄養バランスに気を配り、腹八分目を心がける。

 

これらは胃の病気を治すうえで基本的ではありますが、非常に大切なことであるにも関わらず、出来ない人が多いのもまた現実です。

 

まずはこれらの基本を抑え、その上で以下のような市販薬も取り入れましょう。

 


 

2.市販薬の助けを借りる!

今現在、単に胃酸過多による胃もたれやゲップ、口臭がする程度であれば、市販薬で改善することも可能です。

 

胃酸過多には以下の市販薬がオススメです!

 

 

ガスター10

胃酸過多を抑え、荒れた胃の粘膜を修復します。
胃の痛みや胸やけ、胃のむかつきに効果的です。

 

別ページに「ガスター10の効果・副作用・飲み方!価格(値段)やジェネリック薬も調査!効かない場合はどうする?」としてもまとめていますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

※第一類医薬品のため、薬剤師のいるドラッグストアおよび、楽天(簡単な選択式アンケートに答える必要があります)で購入できます。

 

 

 

太田胃散

こちらも胃の症状全般に効くロングセラーの胃薬です。

 

胃酸過多の他、「飲みすぎ」の後にもピッタリなお薬です。

 

こちらは第二類ですので、アマゾンでもご購入いただけます。

 

 

人気記事!

筆者自身、胃痛や胃もたれが頻発していた頃に、数多くの胃薬を飲んできました。

胃薬の種類や、症状による使い分け、実感度が高かったオススメの胃薬をランキング形式で紹介しています。

>>胃薬の種類とおすすめ市販薬ランキング!効果・副作用をまとめてみた!

 

 

最後に!

いかがでしたでしょうか?

 

胃酸過多は一時的な症状を出す程度であれば上記の市販薬で対処可能です。

 

しかし症状が重くなり、他の病気に悪化してからでは治療に時間がかかるため、様子がおかしいと思った時点で早めに病院を受診することが大切です。

 

なお、当サイトでは「胃の病気」についてわかりやすくまとめています。

 

あわせて以下もご確認ください!


 

胃の症状を分かりやすく説明します!

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 

















 

 

関連ページ

胸焼けの症状・原因・対処法
胸焼けについて分かりやすく説明します!胸焼けと胃もたれの違い、胸焼けの症状や考えられる病気、治し方、おすすめ市販薬を分かりやすく紹介しています。
胃もたれの症状・原因・解消法・薬
胃もたれとは何だろう?症状・原因・治し方・おすすめの市販薬を分かりやすく説明します。また、胸焼けとの違いや胃もたれが続く場合に考えられる病気なども紹介します。
急性胃炎の症状・原因・治療
急にみぞおち付近が痛くなる「急性胃炎」。ここでは症状や原因、処方薬のほか、おすすめの食事を紹介します。その他、胃が痛い場合に考えられる病気を紹介しています。
慢性胃炎の症状・原因・治療
胃痛や胃もたれ、ムカムカが治らない時は「慢性胃炎」を疑いましょう。慢性胃炎について、わかりやすく説明しています。
萎縮性胃炎の症状・原因・治療・食事改善
萎縮性胃炎は治るの?症状や原因、治療、レベルの分類、使われる薬や食事による改善、ストレスと自律神経の関わり、ピロリ菌に感染していない場合の原因について説明しています。
胃痙攣の症状・原因・治療
胃(みぞおち付近)がしびれる、痙攣をおこす「胃痙攣」。ここでは胃痙攣とはなにか、そして胃痙攣とストレスの関係、食べ物やツボによる対処を説明しています。その胃の痛み、胃痙攣かもしれません。
胃下垂の症状・原因・治療
胃下垂が治らない!胃下垂を改善するにはどうすれば良いのか?腹筋を鍛える?整体で猫背を治せばなおる?実際に治った実績のある方法もお伝えします。
食道裂孔ヘルニア
逆流性食道炎の原因にもなる「食道裂孔ヘルニア」について、症状・原因・治療・手術・良い食事と悪い食事を説明しています。その他、胃の病気についてもわかりやすく説明しています。

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報