夏の喉の痛みは「ヘルパンギーナ」の症状?大人も感染するの?

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

夏の喉の痛みは「ヘルパンギーナ」の症状?大人も感染するの?

このページでは、

 

ヘルパンギーナは大人も感染するのか?

 

についてどこよりも分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナは大人も感染する?

ヘルパンギーナは、夏風邪と言われる3つの病気のうちのひとつであり、主に「エンテロウイルス」が原因となる「風邪の様な症状」を引き起こす病気です。

 

このヘルパンギーナの患者数分布を年齢的に見てみると、おもに

 

小児(12歳以下の子供)

 

に多いことがわかります。

 

これは

 

免疫機能がまだ十分に発達しておらず、感染症に対して弱いことが感染・発病の原因となる

 

ためです。

 

また、この病気の病原体は「抗体」が作られにくいということがわかっています。

 

したがって、免疫力が低下した高齢者も発病しやすい病気であると言えます。

 

なお、大人(15歳以上65歳未満)であっても、感染・発病を起こすケースもありますが、小児や高齢者ほど患者数は多くありません

 

では大人の場合は、
どのようなタイミングで感染するのでしょうか?

スポンサーリンク

大人が感染する可能性のある場合

その理由は前述した通り、「免疫機能が十分に発達している」からなのですが、それでも発病するケースがあります。

 

それは、

 

・手術の後
・生活習慣病の影響
・ストレスや不眠
・更年期や思春期によるホルモンバランスの乱れ

 

などによって免疫力が低下している場合です。

 

したがって、大人でもストレスを日常的に感じている人や、仕事や受験勉強、育児などで寝不足気味の人は感染予防に努めることが重要になります。

 

なお、ヘルパンギーナのウイルス(エンテロウイルス)は、一旦完治したと思われる場合でも、2〜4週間程度は便からウィルスが検出されることがあります

 

そのため特にお子さんの便に触れる可能性がある場合は、感染経路である「糞口感染」に対して、念入りに手を洗うという習慣付けが非常に重要となってきます。

参考:糞口感染
⇒感染者の便に寄生しているウィルスが手について、口や鼻から感染する事

 

では続いて、
「ヘルパンギーナの症状・原因・治療法」を説明します。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの症状・原因・治療

上記の通り、ヘルパンギーナは主に幼児に見られる病気ですが、大人が感染・発病する場合もあります。

 

しかしその場合も、子どもの発病と特別変わったことはありませんので、以下ページでご確認ください。
ヘルパンギーナとは?症状・原因・感染経路・治療《写真有》

 

《あわせてご確認ください!》
ヘルパンギーナにおすすめの市販薬!喉の痛みを吹き飛ばせ!
ヘルパンギーナの感染・潜伏期間と幼稚園・保育園への登園!


▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 

















関連ページ

ヘルパンギーナの症状・原因(感染経路)・治療・予防
夏風邪のひとつ「ヘルパンギーナ」について、症状・原因・予防方法の他、感染経路について、画像付きで分かりやすく説明します。潜伏期間や大人への感染有無などもあわせて説明します。
ヘルパンギーナの感染・潜伏期間と、保育園への出席
ヘルパンギーナの感染期間や潜伏期間について説明します。また、幼稚園や保育園、学校への出席についてもあわせて説明しています。
ヘルパンギーナにおすすめの市販薬
夏風邪のひとつ、ヘルパンギーナに効く市販薬を紹介します。ヘルパンギーナには特効薬がないため、一つひとつの症状を緩和させる対処療法がメインとなります。

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報