化膿性扁桃腺炎(扁桃炎)で喉が痛い!【症状・原因・治療】

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

化膿性扁桃腺炎(扁桃炎)ってなに!?症状・原因・治療

このページでは、

 

化膿性扁桃腺炎の症状・原因・治療

 

についてどこよりも分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

化膿性扁桃腺炎ってなに?

化膿性扁桃腺炎とは、その名のとおり

 

膿を伴うタイプの「扁桃腺炎」

 

です。

 

以下の写真の様に、扁桃腺の表面上に白い膿が見られます。
画像出展:http://61.140.85.27/

 

扁桃腺炎については、
詳しくは扁桃腺炎の【症状・原因・治療】で説明していますが、扁桃腺炎とは「主にウイルスや細菌感染によって、扁桃腺が腫れる症状」です。

 

化膿性扁桃腺炎の場合は「扁桃腺の腫れ」以外に、上記写真の様な白い膿を伴いますが、高熱が長期間続くこともあります。

 

原因としては、化膿性扁桃腺炎では、ウイルス性ではなく細菌性であることが多いです。

 

この「原因となる細菌」は主に、

 

●溶血性連鎖球菌(溶連菌)
●黄色ブドウ球菌
●肺炎球菌

 

が挙げられます。

 

治療に関しては、主に抗生物質に投与による殺菌です。

 

注意点として、原因菌が溶血性連鎖球菌(溶連菌)の場合は、中途半端な抗生物質治療を行うことで、後々に腎炎などを引き起こす可能性がありますので、処方された分は必ず飲みきりましょう。

 

なお、抗生物質投与で改善が見られず、細菌が存在し続ける場合に、血尿が見られ、腎炎が疑われるケースがあります。
そのような場合は「手術」が必要になる場合もあります

 

ちなみに、溶連菌への感染は、子どもに多いイメージですが、大人でも感染しますので、濃厚接触者は注意が必要です。
(化膿性扁桃腺炎がうつるのではなく、原因菌である溶連菌がうつる可能性があります)

 

なお、肺炎球菌や黄色ブドウ球菌は、健常者の身体にも常在するため「うつる」ということはありません。
※免疫力が下がっていると、これら常在菌が暴れ、扁桃腺炎などを引きこします

スポンサーリンク

 

<あわせてご確認下さい!>

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



 
















 

関連ページ

扁桃腺炎の症状・原因・治療法
急性扁桃炎と慢性扁桃炎の【症状・原因・治療】について、画像付きでどこよりも分かりやすく説明しています。習慣性扁桃腺炎の場合や、扁桃腺肥大の場合は手術が必要になることもありますので注意が必要です。
扁桃腺炎の治療期間と自然治癒
扁桃腺炎はどれくらいで治療できるの?放っておいても自然治癒(完治)する?扁桃炎で気になる質問に、どこよりも分かりやすく説明します。
扁桃腺炎はうつるの?
よくある質問「急性扁桃炎・慢性扁桃炎は他人へうつるのか?」について、どこよりも分かりやすく説明します。扁桃腺炎にもさまざまな原因があるため、まずは原因を知ることが大切です!
扁桃腺炎に効く「市販薬」と「漢方薬」
扁桃腺炎に効く薬は、抗生物質などの処方薬だけではありません。市販薬や漢方薬でも効果は見込めますので、のどぬーるスプレーやイソジンをはじめ、おすすめの商品を紹介します。
扁桃腺炎の処方薬(抗生物質)の種類と違い
扁桃腺炎(扁桃炎)の際に処方される抗生物質(抗生剤・抗菌剤・抗ウイルス剤)を説明します。インフルエンザウイルスが原因の場合は、タミフルやリレンザなどが処方されます。
扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍
扁桃腺炎が進行すると、扁桃腺周囲炎や、扁桃腺周囲膿瘍にまで悪化する場合があります。ここでは参考画像を元に、症状・原因・治療・手術について詳しく説明しています。
扁桃腺肥大
扁桃腺が大きく腫れる「扁桃腺肥大」とは?写真と共に、症状・原因・治療を説明します。子どもに多くみられますが、大人の症例もあります。喉の痛みやいびきの原因にも繋がるかも?

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報