アスピリン喘息の症状・原因・治療!鎮痛薬はステロイド?

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

アスピリン喘息の症状・原因・治療!鎮痛薬はステロイド?

このページでは、

 

●アスピリン喘息の症状・原因・治療

 

についてわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

アスピリン喘息とは?《症状》

アスピリン喘息とは、

 

アスピリン(非ステロイドの鎮痛薬)他の解熱鎮痛剤に反応してしまう人が、これらを使用してしまうことで、

 

@喘息
Aアスピリン過敏症
B鼻茸(はなたけ)

 

の3つを主症状として引き起こしてしまう病気です。

 

この3つの主症状を一つずつ簡単に説明すると、

 

 

@喘息

気管支に炎症が起こり、気管支の内部が狭くなることで呼吸がしにくくなり、悪化した場合には呼吸困難を引き起こします。

 

呼吸時に「ヒューヒュー」「ゼェゼェ」と喘鳴音(ぜんめいおん)が鳴るので、症状としては分かりやすいです。

参考!

気管支喘息の症状・原因・治療・予防!病院は何科を受診?

 

 

 Aアスピリン過敏症

アスピリン過敏症とは、

 

アスピリン(非ステロイド系の痛み止め)

 

に対するアレルギーです。

 

この症状を持つ人にアスピリン系の薬を投与すると、アナフィラキシーショックから、重度の呼吸困難を起こし死に至る場合もあります

 

※アナフィラキシーショックとは、発症後、極めて短時間に全身にアレルギー症状が出る反応のことを言います

スポンサーリンク

 

 

B鼻茸(はなたけ)

「鼻茸」とは、

 

「キノコ」のようなデキモノが、鼻の中の粘膜に出来る病気

 

です。

 

この鼻茸が副鼻腔に出来てしまうと、蓄膿(膿が溜まること)慢性的な鼻水などの症状が引き起こされます。

 

参考!

鼻茸とは?治らない時は手術かも。薬や症状の放置で治す(自然治癒)事は出来る?<鼻ポリープの画像・写真>

蓄膿症・慢性副鼻腔炎の症状,原因,治療!自覚症状は頭痛?

 

 

 つまり、症状を簡単にまとめると?

つまり、上記3つの症状を簡単にまとめると、

 

「アスピリン」や「解熱鎮痛剤」に反応してしまう人が、それらを使用すると、

 

●喘息症状
●アナフィラキシーショックによる
 ・呼吸困難
 ・血圧低下
 ・心拍低下

 

が引き起こされます。

 

 

 

では続いて、
「アスピリン喘息の原因」について説明します。

スポンサーリンク

アスピリン喘息の原因

上で説明しましたとおり、アスピリン喘息は

 

アスピリン(非ステロイドの鎮痛薬)他の解熱鎮痛剤に反応してしまう人が、これらを使用してしまうことで引き起こされます。

 

では、”反応してしまう人” がどのような方に多いかと言いますと、

 

普段から

 

●喘息
●慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

 

を持っている人に発症するケースが多いです。

 

そのため、アスピリン喘息は

 

喘息や慢性副鼻腔炎にともなって発病する ”二次的な症状”

 

として発見されるケースが多いとされています。

 

さらに、

 

●喘息の40%の人が副鼻腔炎を合併している
●副鼻腔炎の20%の人が喘息を合併している

 

というデータもあり、

 

喘息や副鼻腔炎の治療で「アスピリン」を用いる際には、「アスピリン喘息」には十分な注意が必要

 

とされています。

 

なお、「アスピリン喘息」と診断されるには、

 

●痛み止めや風邪薬で、「呼吸困難、血圧低下などの副作用」を起こしたことがあるか否か

 

●アスピリン系の痛み止めを投与した後に、喘息の様な発作が出たことがあるか否か

 

が判断材料となります。

 

■注意!
一般に市販されている風邪薬には「アスピリン系」の成分が配合されている場合があります。

 

したがって、喘息や慢性副鼻腔炎の患者さんは、市販の風邪薬の服用は自己判断で行わず、必ず薬剤師と相談の上服用する市販薬を決めるようにしてください。

 

では続いて
「アスピリン喘息の治療」について説明します。


アスピリン喘息の治療とは?

近年の喘息の治療では、アスピリン喘息であっても

 

ステロイド系吸入薬を使って ”発作発生のリスクを低減させる” 予防的治療法

 

が主流となっています。

 

治療内容としては、ステロイド点鼻薬や吸入薬が治療のメインとなります。

 

この治療法では、鼻粘膜や気道粘膜に少量のステロイドを散布塗布することで、気道の炎症が抑えられ、気道を元の広さに戻し、呼吸を楽にします。

 

なお、ステロイドといえば「副作用」のイメージを持つ方も多いかと思いますが、吸入薬は気道に直接薬が届きますので、内服薬と比べ1/100の量ですみます。

 

そのため、副作用に関してもローリスクとなることから、第一選択肢となっています。

 

その他、必要に応じて「抗アレルギー薬」や「気管支を広げる薬」を、ステロイド吸入薬と併用します。

 

アスピリン喘息の発作が起きた場合は!?

もし、アナフィラキシーショック(アスピリン喘息の発作)が出た場合の治療としては、

 

・ステロイドの点滴
・レスピレーター(人工呼吸器)の装着
・高圧剤(血圧を上げる薬)
・補液

 

などの対症療法が行われます。

 

 

以上のように、アスピリン喘息であれ、気管支喘息であれ、ステロイド吸入剤による予防的治療法が有効なため、近年の喘息治療はステロイド吸入薬が第一選択肢として選ばれます。


 

《あわせてご確認ください!》
【喘息の症状・原因・治療とは?】
気管支喘息の症状・原因・治療・予防!病院は何科を受診?
 
【喘息に効く市販薬や漢方薬
喘息・咳喘息に効く市販薬と漢方薬!吸入薬はどこで買える?
 
【喘息の対処に!ツボ押し7種
軽い喘息発作や咳喘息の対処に!【喘息に効くツボ(手・足)】
 
子ども喘息大人喘息の違い】
【小児喘息と大人の喘息】症状・原因・治療・予防とその違い
 
咳喘息ってなに?】
咳喘息の症状・原因・治療・診断!病院は何科?完治するの?

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
















関連ページ

喘息(気管支喘息)の症状・原因・治療・予防と、受診すべき科について
喘息(気管支喘息)の症状や原因・治療・予防を分かりやすく説明します。また、乳児・幼児、大人によっても診察を受けるべき病院は変わります。小児科を受診すべきか、呼吸器科で診察を受けるべきか、説明します。
小児喘息と大人喘息の違いとは?
小児喘息と成人喘息(大人の喘息)、その違いはどこにあるのでしょうか?症状・原因・治療・予防の観点から分かりやすく説明しています。
咳喘息の症状・原因・治療・診断基準・受診すべき科について
喘息の前兆とも言われる「咳喘息」。ここでは症状・原因・治療・診断基準や、受診すべき「病院・科」について説明します。その他、「完治する?」「ストレスは関係するの?」についても回答します。
喘息や咳喘息に効くツボ
気管支喘息や咳喘息の発作や予防・対処に役立てよう!喘息・咳喘息に効く手や足のツボをわかりやすく紹介しています。また、喘息や咳喘息についても分かりやすくまとめています。
喘息・咳喘息にオススメの市販薬(漢方含む)
喘息や咳喘息におすすめの市販薬や漢方薬を紹介します。また、喘息治療の第一選択肢である「吸入薬」は市販されているのでしょうか?購入時の注意を含めて紹介しています。
気管支炎の症状・原因・治し方と薬
気管支炎って何?喘息とは違うの?治すには何科を受診すれば良い?治療期間はどれくらい?自然治癒はするの?急性気管支炎と慢性気管支炎の違いは?あれこれについて、まとめてみました。
気管支炎はうつる?おすすめの食べ物・市販薬・ツボ、タバコやストレスとの関係
気管支炎はタバコやストレスになるって本当?気管支炎はうつる病気なの?気管支炎の症状(咳や痰)に良い食べ物やオススメ市販薬、ツボ押しについて紹介しています。

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報