鼻くそをほじる癖と、危険性!はなくそほじりは控えめに!

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

はなくそをほじる癖や危険性について

 

当ページでは

 

「鼻くそほじり」の意外な危険性
「鼻くそをほじる癖」の治し方

 

について説明しています。


鼻くそほじりの危険性

え?鼻くそほじりって危険なの!?
と思う方がほとんどだと思います。

 

鼻ほじりは、危険性は高くありませんが、
皆無でもありません。

 

皆さんも一度は、鼻くそをほじる際に
「いたっ!」と、
鼻腔内を爪で傷つけてしまった事があると思います。
(アニメ新世紀ハナクソなめ子の主題歌でも「のばした爪先、親指は痛い」とありますね。笑)

 

この鼻腔内の傷が起因となる出血で、男性が死亡したという事例が実際にあります。

 

つまり、
最悪の場合、死に至る危険性があるのです。

 

また、ほじり過ぎにより、
右穴と左穴を隔てる部分(鼻中隔と言う)に
穴が開く症状である
鼻中隔穿孔
を起こす可能性もあります。

 

さらには、2009年の新型インフルエンザが流行った際には、
「鼻ほじりは、感染症の接触感染を招く可能性がある!」
として、指の消毒や洗浄をするように周知されました。

 

また、「鼻くそほじり」そのものも厳禁とされました。

 

 

以上より、意外にも「鼻ほじり」には危険が伴うことがわかります。

 

とは言え「鼻くそほじり」を止めると、
鼻くそでパンパンになってしまいます。

 

上記の様な事例があることだけは肝に銘じて
鼻くそをほじりましょう。

 

では、鼻ほじりを止めるにはどうしたら良いのでしょうか??

 

スポンサーリンク

 

鼻くそをほじる癖を治す

まず最初にお伝えすべきは

 

「鼻くそほじりは皆がする」事である

 

という事です。

 

普段の生活の中で、皆、多かれ少なかれ鼻くそがたまります。
(参考:鼻くそがたまる原因を知る!)

 

耳垢を掃除するのと同じように、鼻くそを取るのが普通です。

 

これは、老若男女関わらずです。

 

では、何が問題かと言いますと、

 

人前でも平気でほじる癖

 

です。

 

ここからは、当サイトのステップC「鼻くそを食べる心理」にて鼻くそを食べてしまう心理状態や要因についても説明していますが、一部そちらと多少被る内容でもありますので予めご容赦ください。

 

スポンサーリンク

 

人前でもほじってしまう

さて、既述の通り「鼻くそを隠れてほじる」ことには、何の問題もありません。
※食べるてしまう事は問題です。詳しくはこちら

 

しかし、人前で堂々とほじってしまう事は、
周りを非常に不愉快にさせるため、
是非治して頂きたい癖の一つです。

 

このような人は、
全く無意識の中で行ってしまっています。
(あまりその時の状態に左右されていない)

 

では、どのようにして癖を治せば良いのでしょうか?

診療内科で治療する

 

これは「人前で鼻くそを食べてしまう」タイプの人へのアプローチと同様です。

 

人前で鼻くそをほじる人は、
一度、お医者さんに診てもらう事をおすすめします。
診てもらうというよりも、
カウンセリングしてもらうという表現の方が近いです。

 

堂々とほじる人は、
「癖」であるとともに
「自制心の欠如」が原因となっている可能性もあるからです
(病気ではありません※)

 

そのため、診療内科にて

 

自分がどのような時にほじってしまうのか

 

を把握してください。

 

その原因が特定できれば、
その後自分がどうすれば抑制出来るか、
その糸口が見えてくるでしょう。

 

もし、何かしらのストレスが原因なら
そのストレスを取り除いてみてください。

※一部では、鼻ほじりは「何らかの精神疾病」の症状と捉えるべきと主張されています。

 

Rhinotillexomania
(ギリシャ語の造語:rhino-(鼻), tillesthai(引く), exo(出す), mania(観念))
という病名が提唱されています。

鼻くそを減らす

 

鼻くそをほじる時はどのような時でしょうか?

 

それは、基本的には、
鼻くそが詰まって気持ちが悪い時だと思います。

 

つまり、
鼻くそを減らせばそもそも
「鼻ほじり」する理由を排除できます。
鼻くその減らし方参考

 

また、出かける前後に
家でしっかりと鼻くそを掃除してから出かけましょう。

 

そうする事で、外出時に鼻くそをほじるきっかけが減るハズです。

 

基本的には病気というよりは、単なる癖と考えれば良いと思います。

 

どんな癖も同様ですが、
周りから指摘されるまで、
意外と自分では気づけないものです。

 

結局、クセを治すには2通りしかありません。

 

「自分で気をつける」「他人から指摘してもらう」
そのどちらかしかありません。

 

癖はすぐに治せないものです。
あなただけではありません。

 

ですが、これは決して良い癖ではありません。

 

もし、貴方が「人前で堂々とほじってしまう」タイプであり、その自覚があるのであれば、今すぐ止めて下さい。

 

鼻くそを食べることと同様に、
周りを不愉快な気持ちにさせている可能性が高いです。

スポンサーリンク

 

<あわせてご確認下さい>


▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 



















鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報