妊娠初期や妊娠中の鼻水・鼻づまり<妊娠性鼻炎と妊婦の治療>

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

妊娠中に鼻水・鼻づまりがおきやすい原因と、妊婦・赤ちゃんに安全な対策!

このページでは

 

  • 妊娠中はなぜ鼻水・鼻づまりがおきやすい?
  • 妊娠性鼻炎への対策・治療!

 

についてどこよりもわかりやすく!説明します。


 妊娠性鼻炎による鼻水・鼻づまり

 

なんか風邪気味だな・・・と思っていたら、実は妊娠していた。

 

妊娠してから風邪っぽさが出ている・・・・

 

なんて話はよく聞く話です。

 

実は妊娠の初期症状では、

 

風邪の様な症状(寒気・身体がだるい・くしゃみなど)

 

が起きることがあります。

 

その中でも、風邪と間違いやすいのが「鼻水・鼻づまり」です。

 

この「鼻水・鼻づまり」は特に妊娠2ヶ月目以降に悪化すると言われています。

 

そして妊娠中の鼻炎は、医学的に「妊娠性鼻炎」と呼ばれるほど、一般的な妊娠症状の一つとして知られています。

 

では、この妊娠性鼻炎はなぜ起こるのでしょうか?

 

また、辛い場合にどのような対処・治療をすれば良いのでしょうか?

 

まずは「妊娠性鼻炎の原因」から、わかりやすく順を追ってお話しましょう!

 

妊娠性鼻炎の原因とは?

実は、妊娠性鼻炎のはっきりとした原因は、今現在もはっきりとはしておりません。

 

しかし、有力な説として

 

女性ホルモンの変化による、自律神経の乱れ

 

が挙げられます。

 

やや難しく感じるかも知れませんが、結論から言うと

 

女性ホルモンのバランスが崩れることで、花粉やホコリなどへのアレルギー反応を起こしやすくなる

 

ということです。

 

つまり、元々ホコリや花粉によるアレルギー性鼻炎を患っている方は、妊娠性鼻炎を起こしやすいと考えられます。

 

 

では、女性ホルモンの変化がどのように自律神経を乱し、そしてそれがどのようにアレルギー反応を起こしやすくするのか、具体的に説明しましょう。

スポンサーリンク

 

 女性ホルモンの変化と自律神経

女性は妊娠すると、

 

黄体ホルモン(別名:プロゲステロン)

 

が分泌され続けるため、月経が止まります。

 

この黄体ホルモンは以下の様な働きをするため、女性、ましては妊婦にとっては必要不可欠な大切なホルモンです。

 

黄体ホルモンの働き

  • 肌がキレイになる
  • 乳腺を発達させ、胸を大きくする
  • 髪にハリ・艶を与える
  • コレステロールの調整
  • 妊娠しやすい状態へと体を整える
  • 乳がんを防ぐ
  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)の量と調整され、自律神経のバランスを整える

 

ここで1番下に記載した内容に着目しましょう。

 

まず、女性ホルモンと言われるものには

 

  • 卵胞ホルモン
  • 黄体ホルモン

 

の2種類があり、それらは自然とバランス良く調整されています。

 

しかし、妊娠により黄体ホルモンが分泌されつづけると、このバランスが崩れることがあります。

 

「女性ホルモンが乱れる」とは、これらのバランスが乱れることを意味します。

 

そしてこれらのバランスが乱れると、体内の「自律神経」が乱れてしまいます。

 

この自律神経が乱れた状態を「自律神経失調症」と呼びます。

 

自律神経とは「心臓を動かす」「汗を出す」など、自分でコントロールできない自動的に働く神経のことを言います。

 

そしてこの自立神経は、

 

活動する神経
⇒交感神経

休む神経
⇒副交感神経

 

の2種類の神経に分けられ、必要に応じて切り替わります。

 

自律神経が乱れると、副交感神経が刺激されやすい状態となり、鼻粘膜において刺激に対する過敏性が増すと言われています。

 

つまり、ホコリや花粉などのアレルゲンに対し、過敏に反応してしまうことになるのです。

 

例えば、朝や夜だけ鼻づまりが起きたことはありませんか?

 

実はあれも同様に自律神経の作用により、朝・夜にアレルギーに反応しやすくなっているのです。

 

 

 

さて、ここまでを簡単にまとめると、

 

  1. 黄体ホルモンが増え、卵胞ホルモンとのバランスが崩れる(女性ホルモンの乱れ)
  2. 上記ホルモンバランスが崩れ、自律神経が崩れる
  3. アレルギー物質に反応しやすくなる

 

という流れになります。

 

ちなみに妊娠すると、体内へ取り込んだ栄養は赤ちゃんへと流れていきます。

 

そのため、お母さんの栄養が不足し、免疫力が下がる場合があります。

 

免疫力の低下もアレルギーを引き起こしやすくなると言われるため、積極的な栄養摂取を心がけましょう。

 

なお、安定期に入ってくると、次は卵胞ホルモンの分泌が徐々に増え、胎児を体内で守るための環境が整えられます。

 

そのため一般的には、妊娠性鼻炎は妊娠初期〜中期に発症することが多いと言われています。

 

 

さて、ここまでは
「妊娠性鼻炎の原因」についてお話しました。

 

続いて、
「妊娠性鼻炎の治療・対策」についてお話しましょう。

スポンサーリンク

妊娠性鼻炎の対策・治療とは

ではここから、妊娠性鼻炎の際に、
お腹の中の赤ちゃんを守りつつ、治療・対策する方法をお伝えします。

 

 

ご存知かと思いますが、妊娠中の薬の服用は、胎児に奇形などを及ぼす可能性があります。

 

そのため、薬を使わずに、鼻炎を解消する方法を考える必要があります。

 

※医師の下では薬を使った治療も可能ですが、自らの判断で市販薬を服用するのは絶対に止めましょう

 

ではまずは、
妊娠日数による、胎児への影響具合から見てみましょう。

 

妊娠1か月期

(妊娠第0週〜3週《0 - 27日》)

 

■服用の危険度
⇒無し

■胎児奇形の危険性
⇒無し

 

 

妊娠2か月期

(妊娠第4週〜7週《28 - 50日》)

 

■服用の危険度
絶対過敏期(一番注意を要する時期)

■胎児奇形の危険性
最要注意時期

 

 

妊娠3か月〜4か月期

(妊娠第8週〜15週《51 - 112日》)

 

■服用の危険度
相対過敏期〜比較過敏期(要注意の時期)

■胎児奇形の危険性
有り

 

 

妊娠5か月〜10か月期

(妊娠第16週〜出産《113日 - 》)

 

■服用の危険度
潜在過敏期(要注意の時期)

■胎児奇形の危険性
危険性は少なくなりますが、胎児に何かしらの影響が出る可能性があります。

 

 

この表から見てわかる通り、
妊娠28日目以降は、多かれ少なかれ胎児への影響が考えられます

 

そのため、妊娠性鼻炎の治療については、妊娠時期により治療法が変わります。

 

なお医師の下あれば、妊娠中であっても以下の様な薬物療法が受けられます。

 

最も危険度が高い4週〜7週目

点鼻用血管収縮薬や局所温熱療法

 

8週〜15週目

まだ奇形の可能性があるため、吸収性の低い局所用抗アレルギー薬や局所ステロイド薬

 

16週目以降

奇形のリスクは減るとされていますが、局所用薬が中心となる

 

ここで言う「局所温熱療法」とは、家庭用としても購入できる「スチーム吸入器」を使用した治療法であり、後ほど紹介します。

 

それではここからは、
「薬に頼らない!家庭で出来る対策」についてお話しします。

スポンサーリンク

妊娠性鼻炎の治療・対策とは!?

ではここから、

 

「薬ではない!妊娠性鼻炎にオススメの商品4選!」

 

をランキング形式で紹介しましょう!

 

※いずれも薬ではないため、安心して使用できますが、妊娠中は薬ではないとしても、服用を控えた方が良いもの(例えばビタミンAなど)があります。安全性は事前にお確かめください。

 

えぞ式すーすー茶

これはとにかく、同じく鼻水・鼻づまりに悩む貴方へオススメしたいです。

 

特に、薬が飲めない妊婦さんにはピッタリです。

 

たかが「お茶」と思っていましたが、個人的には大当たりの商品です。

 

慢性的な鼻づまりで約10年、そして花粉の時期はさらに悪化してしまう私が、手放せなくなりました。

 

それもそのはずで、このお茶は「実際の身体の変化・実感」に着目した方法で商品開発がされています。

 

初めて飲んだ時の感想は、

 

「え、普通のお茶じゃん。」

 

といったものでした。

 

しかしその晩、

 

「あれ?鼻で息が出来てる。。。」

 

と気づき、衝撃を受けました。

 

 

 

このお茶は、簡単に言うとアレルギー反応の元となる「ヒスタミン」を抑える働きを持つお茶です。

 

病院で処方されるアレルギー性鼻炎用の薬も同様に、ヒスタミンを抑える様に作用します。(”抗ヒスタミン剤” と呼ばれます)

 

そして、こちらのお茶にも、薬と同じ成分ではもちろんありませんが「ヒスタミンの放出を抑える働きがある」成分が含まれています。

 

また、こちらのお茶の場合は、薬ではないため眠気を引き起こすことはありません

 

例えば仕事中やデート中に、耐えられないほどの眠気に襲われた事はありませんか?

 

そういった心配は一切なくなります。

 

また、薬の場合は結局、薬漬けの生活になってしまうのが怖いです

 

しかし、お茶の場合はその心配もありません。

 

個人的には、

 

●一切眠くならない
●薬漬けにならない

 

この2点が重要だと考えており、このお茶を続けている一番の理由です。

 

ちなみに私の場合、通年型の慢性鼻炎だったため、鼻炎薬ではなく最終的には保健適応外の漢方煎じ薬を飲んでいました。

 

これは、一年中「鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)」を服用するのは身体への負担が大きいと感じたためです。

 

▼実際飲んでいた漢方煎じ薬▼
 

 

とは言え「漢方も薬の一つ」ですので、いつか止めたいと思っていました。

 

そんな漢方でしたが、お茶を飲み始めてからは飲む必要がなくなりました。

 

もちろん貴方のグズグズ・ズルズルにも絶対効く、と言える魔法の様なものでは無いでしょう。

 

しかし、上でも記載の通り、このお茶は「実際の身体の変化・実感」に着目した方法で商品開発がされている点が評価できるポイントであり、私も実感しています。

 

また、1ヶ月2800円、毎日わずか90円程と値段も安いため、試されても損はしないと思います。

 

さらには「薬」ではないため、妊婦さんにも安心です。

 

公式HPの「よくある質問」にも、以下のとおり問題ない旨の説明があります

 

 

ということで、毎日ペットボトルのお茶やお水を買うくらいであれば、個人的にはこちらがオススメです。

 

辛い毎日から抜け出せる喜びは非常に大きかったです。

 

定期コースなどもありますが、まずは「単品で申し込み」がオススメです。

 

※実際、私をはじめ定期コースで続けている人がほとんどの様ですが、まずは単品でお試しください

※特に花粉の強い3月〜4月は通常の5倍以上売れるようですので、欠品する可能性がございます。

 

<参照>
公式HP:「えぞ式すーすー茶」

 

すーすー茶を飲んだ方からのメールについて

すーすー茶を飲んだ方からたびたび連絡を頂いておりますので、一部のメールをご紹介させて頂きます。参考になれば幸いです。

 

※メールをクリックすると、大きく表示出来ます
※すべてプライバシー配慮の上で載せる旨、許可を頂いております

 

メール@

 

メールA

 

メールB

 

メールC

 

 

すーすー茶のベースとなる「甜茶」は、「耳鼻咽頭科臨床学会」において “抗アレルギーに良いお茶” と報告されていますし、私が実感出来ている点をみても、かなりすごいパワーを持っているのは間違いありません。

 

しかし、お茶は薬ではありません。そのため、紹介したメールは個人の感想であり効果・効能を示すものでは無い事をご了承ください。

 

甜茶についてもう少し詳しく!!

甜茶について詳しく知りたい方は、以下もご覧ください。

 

>>甜茶の効果・花粉症への効能・サプリとの違い<カフェイン0で妊婦もOK!>

 

 

ベルタ葉酸サプリ

妊娠中や妊娠前の葉酸サプリの摂取は、「厚生労働省」が推奨しています。

 

葉酸は胎児の育成を助けてくれるという観点から、妊娠中には必須な栄養素と言われています。

 

また、つわりで栄養が摂れない方も多いことから、理想の栄養バランスを整えたサプリを、食事以外でも摂取すべきとしています。

 

この葉酸、一日「400μg」摂ることが理想とされているのですが、「葉酸」を多く含む「ほうれん草」から摂取しようと考えると、ほうれん草を約7束食べなければいけない計算になります。

 

そこで、葉酸を400μg含み、かつ栄養バランスが整えられたサプリメントが良いとされているのです。

 

※栄養が足りていなければ、免疫力にも影響するため、鼻炎を含む風邪症状を引き起こしやすくなります。

 

 

そして、数ある「葉酸サプリ」の中でも特におすすめなのが「ベルタ葉酸サプリ」です。

 

楽天において「マタニティ年間ランキングNo.1」に輝いた他、「初めてのたまごクラブ」でも取り上げられた大人気の葉酸サプリメントです。

 

厚生労働省も推奨する葉酸が「天然酵母葉酸」として「400μg」含まれるのはもちろんのこと、何よりも「無添加」という点が売れているポイントでしょう。

 

下で紹介する「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」よりは値段も張りますが、生まれてくる赤ちゃんの健康も考え、「天然」にこだわる方々から長く支持されています。

 

葉酸サプリは各社色々と販売されており迷うことも多いかと思いますが、名実ともに信頼をおける「ベルタ葉酸サプリ」が最もおすすめです。

 

<参照>
公式HP:「ベルタ葉酸サプリ」

 

 

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

こちらも「たまごクラブ」「ひよこクラブ」「初めてのたまごクラブ」「ルナルナ」「ラルーン」をはじめとする多くの雑誌や、TVでも取り上げられた大人気のサプリです。

 

「天然」ではなく、あえて安全性の確立した「合成」にこだわり「効果が実証されている合成葉酸」を使用しています。

 

また、1ヶ月あたり1800円と値段も手ごろであり、送料も無料ということでこちらも大人気の商品となっております。

 

<参照>
公式HP:「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」

 

 

超音波温熱吸引器ホットシャワー

こちらは超音波振動で霧状にされた、温かい水蒸気を吸引する機器です。

 

医療現場でも実際に使われている「エーアンドデイ社」の商品ですが、価格もお手ごろでかなりオススメできます。

 

詳しい商品説明については、以下のリンクにて書かれていますので、こちらでは割愛しますが、本当にこれは鼻づまりが緩和されました。

 

上記のお茶などと比べると値は張りますが、皆さんのレビューの通り、本当に良い商品です。是非、オススメします。

 

 

 

 

さて、ここまでは「妊婦にもピッタリな鼻炎解消方法」について説明しました。

 

続いては、
それらを使用しない「いつでも出来る!鼻水・鼻づまり解消方法」をお伝えします。


いつでも出来る!鼻水・鼻づまり解消方法

ページが長くなりましたので、
別ページに移動しました。

 

即効!鼻水・鼻づまり解消方法15選!

 

《妊娠に関するオススメ記事》

【妊娠中に鼻血が出やすい原因は?】
妊娠中(初期,後期)の鼻血の原因とは?妊婦,赤ちゃんへの影響

 

【妊娠と喉の痛みの関係とは?】
妊娠初期や妊娠中は喉が痛くなる?妊婦と「喉の痛み」の関係

 

【妊娠中に逆流性食道炎が起こりやすい原因
妊娠中の胃痛・胃もたれ・胸焼けと対策【妊婦の逆流性食道炎】

 

【妊娠中のおたふく風邪による影響と治療
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)と妊婦|胎児への影響や処方薬
 
【妊娠中の手足口病による影響と治療
妊娠中の「手足口病」は妊婦や胎児へ影響するの?受診は何科?


 

《その他のオススメ記事》

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 



















鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報