くしゃみと鼻水が主な症状の「鼻風邪」とは?【原因と治し方】

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

鼻風邪ってなに?

このページでは、

 

●鼻風邪とは何だろう?
●鼻風邪の原因
●鼻風邪の治し方・予防

 

についてどこよりも分かりやすく!説明します。

スポンサーリンク

鼻風邪とは何か?症状を知ろう!

「鼻風邪」って中途半端な表現だけど、
一体なに?どんな症状なの?

 

以外と知らない方も多い「鼻風邪」について、分かりやすく説明しましょう!

 

まずは鼻風邪の説明と、その症状についてです。

 

鼻風邪とは、

 

風邪の初期段階のことを言い、《鼻水・鼻づまり・くしゃみ》が主な症状としてあらわれます。

 

鼻風邪は読んで字のごとく、「鼻だけ」風邪をひいている状態であり、喉の痛みなどは発症していない状況です。

 

また、後ほどで説明しますが、鼻水が透明でさらさらであれば、まだ「鼻風邪」です。

 

これが黄色になってくると、「鼻風邪」状態から、「風邪」状態へと悪化していると言えます。

 

では、ここからは鼻風邪(鼻水・鼻づまり・くしゃみ)がなぜ起こるのか、その原因を一つずつ説明します。

スポンサーリンク

 鼻水が出る原因

鼻風邪に関わらず、風邪をひいた場合(咳や喉の痛みを感じるような風邪症状)は、鼻水が出ます。

 

これは、鼻の中からウイルスを排除しようとする防衛反応であり、花粉症で鼻水が止まらなくなるのと同じ原理です。

 

鼻風邪の場合は、さらさらで透明な鼻水により、ウィルス菌を鼻から排出しようと大量の鼻水を出します。

 

鼻風邪から風邪へと移行していくと、「透明・さらさら」だった鼻水が、どんどん「黄色・ネバネバ」の鼻水へと変化していきます。

 

■参考
鼻水が黄色・緑色・黄緑色になる原因!
「水っぽい・透明・ネバネバ・サラサラ」鼻水の状態の違い

 

 鼻づまりが起きる原因

鼻水が出続けると、鼻腔内が炎症を起こし腫れてしまいます。

 

この炎症が酷くなると、鼻粘膜の腫れ酷くなり、結果として鼻を通る空気の流れがとても悪くなるのです。

 

上で説明の通り、鼻風邪(風邪の初期状態)では「水のようなサラサラ透明タイプ」の鼻水なので、鼻水自体が「つまる原因」になることはほとんどありません

 

鼻粘膜が腫れ、鼻水が通る道が狭くなってしまうことで、結果として「鼻づまり」が起こりやすくなります。

 

また、「風邪」状態へと移行すると、ネバネバな鼻水へと変わっていくことで、一層鼻づまりを起こしやすくしてしまいます。

 

これは簡単!鼻水・鼻づまりの解消法10選!

スポンサーリンク

 くしゃみが出るのはなぜ?

くしゃみが出るのも、「鼻水が出る」理由と同じです。

 

体内に入って来る風邪ウイルスやアレルゲン(ホコリや花粉)を、体内から排出しようとする防衛反応によるものです。

 

 痰が出るのはなぜ?

もし痰が多くでる場合、それは「鼻風邪」ではなく「喉風邪」である可能性が高いです。

 

痰が出る場合は、下記ページも参考にしてみましょう。

 

痰が絡む原因は黄色、黄緑、白色、透明など色から判別!

 

 鼻風邪の治し方と予防とは?

では次に、
鼻風邪の治し方と予防についてお話します。

 

意外と知られていないこともお話しますので、是非最後までお読みください。

 

大前提として、薬を使うことはなるべく避けましょう

 

現代の医療において、インフルエンザウイルスには「タミフル」などの薬がありますが、「風邪ウイルス」を殺菌できる薬は無いと言われています

 

そのため、風邪菌は自らの免疫力で戦うことが一番望ましいです。

 

鼻風邪の症状が起きるということは、菌が入ろうとしている証拠、つまり免疫力が下がっている証拠でもあります。

 

でも免疫力を上げるにはどうしたらいいの?

 

という声が聞こえてきそうですね。

 

この免疫力はやはり規則正しい生活や食事は当たり前ですが、身体を温めると免疫力が上がると言われています

 

昔は、「風邪気味の時にはお風呂に入らない」というのが一般的だったかもしれませんが、風邪気味の時こそ、やや熱いお風呂に浸かり、免疫力をあげましょう。

 

また、熱めのお風呂で汗をかくと、免疫力の向上だけでなく、体内の菌を死滅させることもできます

 

例えば、「熱が出る」のは、体内の菌を殺そうとする防衛反応です。

 

同じように、風邪気味の場合はやや熱めのお風呂に浸かり、おもいっきり汗をかくことで、「本格的な風邪」になる前に、菌を殺すことができます。

 

同様に、熱が出たときに布団を被って思いっきり汗をかくと、案外すぐに熱は治まったりもします。

 

※脱水症状を起こさないように、かならず水分を多めに摂取しましょう

 

 

では、
最後に「鼻風邪」をまとめてみましょう。


鼻風邪のまとめ

鼻水、鼻づまり、くしゃみが出たしたら、
それは風邪の始まりでもあります。

 

花粉症などのアレルギー鼻炎と間違われることも多いので、正しい知識で症状を見極め、正しい治療を行いましょう。

 

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

 

<あわせてご確認下さい!>
鼻水が黄色・緑色・黄緑色になる原因,治し方!
痰が絡む原因は黄色、黄緑、白色、透明など色から判別!
鼻炎に効くおすすめ市販薬ランキング!
「水っぽい・透明・ネバネバ・サラサラ」鼻水の状態の違い
これは簡単!鼻水・鼻づまりの解消法!
鼻水から分かる!インフルエンザと風邪の違い
朝と夜だけ鼻づまりが起きるのは風邪?花粉?
妊娠初期や妊娠中の鼻水・鼻づまりは妊娠性鼻炎かも!?
鼻くそを食べる心理や原因!
鼻の病気.comへようこそ(トップページ)


▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 

















鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報