急性上気道炎(風邪)の症状・原因・治療と、慢性上気道炎

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

急性上気道炎(風邪)の症状・原因・治療と、慢性上気道炎!

このページでは、

 

●急性上気道炎(風邪)の症状・原因・治療
●急性と慢性の違い

 

についてどこよりも分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

急性上気道炎(風邪)ってなに!?

急性上気道炎とは、文字通り「上気道」が炎症を起こす病気です。

 

では「上気道」ってどこなの?

 

という問いが返ってきそうですが、「上気道」とは鼻からのどにかけての部分を言います。

 

 
画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B0%97%E9%81%93

 

上記画像を見て頂ければ分かりますが、呼吸器系の「鼻腔・咽頭・喉頭」を総称して、「上気道」という名前が付けられています。

 

ちなみに、鼻腔とは「鼻の中」のことですので誰もがわかると思いますが、「のど」には大きく分けて二つの部位があります。

 

●咽頭(いんとう)
⇒口を開くと見える”のどの奥側”の部分

 

●喉頭(こうとう)
⇒口を開いても見えない部分であり、”のどぼとけ側”の部分

 

上気道炎では、風邪ウイルスがこれらの部位に感染し、

 

・鼻の症状(鼻水・くしゃみ・鼻づまり)
・喉の症状(痛みなど)

 

を引き起こします。

スポンサーリンク

 

一般的に風邪をひくと、鼻の症状と喉の症状が同時に出やすく、かつ原因や治療方針としてもほぼ同じなため、「風邪症状」としてひとくくりにされているというわけです。

 

なお、上気道炎を大まかにわけると、

 

・(急性)鼻炎
・(急性)咽頭炎
・(急性)喉頭炎

 

の3つに分けられます。

 

また、呼吸器系ではありませんが、「扁桃腺」が炎症を起こす「扁桃腺炎」も、上気道炎として扱われることもあります。

 

なお、炎症起こすこれらの症状は、急性・亜急性・慢性に分けられます。

 

●急性
⇒症状として一般的に起こるタイプ。
強く症状が出て、早く治るイメージ。

 

●亜急性
⇒急性と慢性の間であり ”急性よりも長期化するが、慢性というほどではない”というタイプ。
症状の強さとしては、急性>亜急性>慢性となる。

 

●慢性
⇒弱い症状が長期間継続したり、急性期の症状(強い症状)が何度も再発を繰り返す場合を言う。

 

※詳しくは、下記の各症状のページで説明しております

 

当サイトではこれら「鼻の症状」と「喉の症状」を、分けた上でわかりやすく説明していますので、当てはまる記事へお進み下さい。

 

《のどの症状》
■咽頭炎(急性・慢性)
急性咽頭炎の症状・原因・治療!長引くのは慢性咽頭炎かも! 

 

■喉頭炎(急性・慢性)
急性喉頭炎とは?症状・原因・治療と、慢性喉頭炎との違い! 

 

■扁桃腺炎(急性・慢性)
急性扁桃腺炎と慢性扁桃腺炎の症状,原因,治療! 

 

■その他の ”喉の痛み” の原因と治し方
喉の痛みの原因や病気と、すぐ効くオススメ対処法(治し方)!

 

 

《鼻の症状》
■鼻風邪
くしゃみと鼻水が主な症状の「鼻風邪」とは?【原因と治し方】 

鼻風邪・風邪・花粉症(アレルギー性鼻炎)は鼻水の色で分かる!

 

■鼻水・鼻づまりの原因と解消法!
鼻水の止め方と鼻づまり解消法10選!&鼻づまりの原因!

鼻水止める!鼻づまり,鼻炎,風邪に効くおすすめ市販薬ランキング

 

■緑の鼻水が続く場合(副鼻腔炎の可能性あり)
副鼻腔炎・蓄膿症とは何?種類と症状・原因・治療の違いを知ろう!

 

《鼻と喉の間の違和感》
■上咽頭炎(鼻と喉の間が痛い・違和感がある)
上咽頭炎の症状・原因・治療と、急性・慢性の違いを知ろう!

 

■後鼻漏(鼻水が喉へ流れ落ちる症状)
【後鼻漏】鼻水が喉に流れる!咳や痰が出る?原因・症状・治療!

スポンサーリンク

 

《あわせてご確認ください!》
喉の痛みに良い食べ物・飲み物25選!悪化させる10の食事!
「喉の痛み」では病院でどんな抗生物質が処方されるの?
喉が痛い時はロキソニンかスプレー?喉の痛みに効く市販薬と漢方薬!

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加



 


















鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報