副鼻腔炎・蓄膿症に効く12のツボ!指圧とマッサージで効果UP!

副鼻腔炎・蓄膿症に効くツボ12選!指圧とマッサージで効果UP!

このページでは、

 

  • 副鼻腔炎(蓄膿症)のタイプによっては、ツボが効かないかも?
  • 副鼻腔炎に効くツボ(鼻筋にあるツボ)
  • 副鼻腔炎に効くツボ(それ以外のツボ)
  • アレルギーからくる副鼻腔炎に効くツボ
  • 副鼻腔炎に効くツボマッサージの方法!
  • ツボ以外にもある!副鼻腔炎の治し方!

 

という流れでわかりやすくまとめています!

 

ちなみに!

「副鼻腔炎と蓄膿症の違い」について簡単に触れておきます。

副鼻腔炎というのは、鼻の周りにある「副鼻腔(ふくびこう)」と呼ばれる空洞で炎症を起こすことです。

この状態が3ヶ月以上続くと「慢性副鼻腔炎」という呼び名になるのですが、この時に副鼻腔に膿が溜まっているものを「蓄膿症」と呼んだりします。

ただし今現在、副鼻腔炎≒蓄膿症として扱われていることが多いので、この2つの言葉の違いはあまり意識しないでも大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

副鼻腔炎(蓄膿症)のタイプによっては、ツボ押しは効かないかも?

これから、副鼻腔炎・蓄膿症に良いと言われているツボをいくつか紹介しますが、そのほとんどが “鼻の症状に良い” と言われているツボです。

 

なぜなら、

 

  • 副鼻腔炎は慢性的な鼻炎が要因のひとつ

    ⇒鼻炎という要因を解消してあげる

  • 副鼻腔炎によって鼻づまりがおきる

    ⇒鼻づまりという症状を緩和してあげる

 

ということで、「鼻」へのアプローチが大前提です。

 

しかし、副鼻腔炎(蓄膿症)の種類によっては、鼻というよりは歯に主な原因があるタイプがあります。

 

それが「歯性上顎洞炎」です。

 

これは上の歯の「虫歯」や「歯周病」などが原因となり、上顎と隣接している上顎洞(副鼻腔のひとつ)に炎症を起こすものです。

 

このタイプでも「膿の含まれる鼻水が出る」など、鼻の症状もみられますが、そもそもの原因が歯にありますので、ここで紹介するツボはあまり効かない可能性があります。

 

もし今現在、

 

  • 鼻の症状
  • 頬の痛み(副鼻腔で炎症を起こしている)

 

以外に「歯の痛み」を強く感じるのであれば、耳鼻科や歯科医を早めに受診しましょう。

 

関連:歯性上顎洞炎をまとめてみた!

>>上顎洞炎(副鼻腔炎)の症状と治療!原因の3割は歯性上顎洞炎

スポンサーリンク

副鼻腔炎(蓄膿症)に効くツボと、マッサージ方法!

では前置きが長くなりましたが、ここからは主に副鼻腔炎の原因となっている「鼻」にアプローチするツボを紹介していきましょう!

 

まずは「鼻のライン」に沿って存在するツボからです。

 

副鼻腔炎・蓄膿症に効くツボ(鼻筋にあるツボ)

 

攅竹(さんちく)

 

眉の目頭に位置するツボであり、鼻炎だけでなく「目に良いツボ」としても有名です。

 

このツボを、両親指でグッと押し上げるように5秒×5回ほど押してあげましょう。

 

 

晴明(せいめい)

 

画像では少し分かりづらいですが、目頭のやや上に位置します。

 

ほぼ鼻筋ですが、厳密には「眼球を覆っている骨」です。

 

ここも鼻炎だけでなく、主に「目に良いツボ」として有名で、疲れ目や近視、白内障や緑内障などにも良いとされているツボです。

 

ここを鼻の方向へ(顔の内側へ)じんわりと押してあげましょう。

 

ここではあくまでも「鼻炎」に対して鼻どおりが良くなることを目的としていますが、「晴明」という漢字があらわしている通り、ツボへの指圧が正しければ視界が晴れ渡るような感覚になります。

 

 

鼻通(びつう)

 

鼻の両サイドにあるツボで、「鼻通」という名のとおり、鼻通りを良くするツボとして有名です。

 

ここを1分ほど押し揉むように刺激してあげましょう。

 

また、後ほど「マッサージ」として別途紹介しますが、ここを上下にこすりつつ、やや強めに刺激してあげるのも大変効果的です。

 

このマッサージでは吸い込む空気が温められますので、咳にも効果的とされています。

 

 

迎香(げいこう)

 

小鼻の付け根に位置するツボです。

 

鼻水や鼻づまりといった鼻炎症状だけでなく、嗅覚障害にも良いツボと言われています。

 

小鼻の方へ押す感覚(挟むような感覚)で、5秒×5回ほど押してあげましょう。

 

 

 

ここまでが「鼻筋に沿って存在するツボ」です。

 

これらは後ほど紹介する「副鼻腔炎・蓄膿症に効くマッサージ」の流れでも使われるツボなので、よく覚えておきましょう!

 

続いては
「鼻筋」以外に存在するツボについてです。

スポンサーリンク

 

副鼻腔炎に効くツボ(鼻筋以外のツボ)

 

印堂(いんどう)

 

眉間に位置するツボであり、鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)に伴う鼻水や鼻づまりの他にも

 

  • 鼻血
  • 鼻にツーンとくる痛みの緩和
  • 頭痛
  • 質の良い眠りに誘う

 

などにも良いとされているツボです。

 

ここを30回ほど、グリグリとやや強めに刺激してあげましょう。

 

 

上星(じょうせい)

 

髪の生え際から、2センチほど上がった部分に位置するツボです。

 

ここは鼻水・鼻づまりのほか、頭痛や目の疲れにも良いとされているツボです。

 

ここを1分ほどグッグッと指圧してあげましょう。

 

 

合谷(ごうこく)

 

親指と人差し指の骨が交差する場所に位置しているツボです。

 

ここは実に多彩な効果があるツボで、「万能のツボ」とも言われています。

 

副鼻腔炎は花粉症により引き起こされることも多いですが、そのような「花粉症」の症状全般のほか、

 

  • 頭痛
  • 歯の痛み(歯性上顎洞炎にも効果的!)
  • 肩コリ
  • ニキビ
  • めまい
  • うつ
  • 風邪気味
  • 生理痛
  • 便秘・下痢

 

などにも良いとされています。

 

このツボをグーッと3秒押し込む、もしくはグリグリと円を描くように刺激してあげると効果的です。

 

 

外鼻(がいび)・内鼻(ないび)

 

このツボは文字では説明しにくい部分なので、画像を参考にしてください。

 

内鼻に関しては、耳の穴の内側にあります。

 

親指、または人差し指を耳の穴にいれ、膨らみを指先でつまむように揉むと刺激しやすいです。

 

ここを「痛気持ちいい」くらいの強さで3分ほどマッサージしてあげましょう。

 

化粧をしている場合は鼻筋はマッサージしにくいと思いますが、このツボであれば気兼ねなく押せるでしょう。

 

 

風池(ふうち)

 

後頭部の中心の髪の生え際あたりに凹みがあります。

 

その凹みと、耳の後ろの骨の凸を結んだライン、そのラインの丁度真ん中あたりに位置しています。

 

「頭が重いなぁ」と思ったときに、無意識にこのラインのツボを押している人も多いのではないでしょうか。

 

ここは鼻づまりなどの鼻炎症状の他、頭痛やめまい、目の疲れなども緩和されるツボとして有名です。

 

3秒グーッと押して、3秒休憩するという押し方で刺激してあげましょう。

 

なお、ここも後ほど紹介する「副鼻腔炎のツボマッサージ」の一連の流れで使うツボです。

 

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)は、アレルギー性鼻炎から発症することも多々あります。
(花粉症の時期は、副鼻腔炎に悩む人が増えます)

 

次に紹介するツボは、
鼻炎の中でも特に「アレルギーによるもの」に効果的なツボを紹介します。

スポンサーリンク

 

副鼻腔炎に効くツボ(鼻筋以外のツボ)

 

孔最(こうさい)

 

上の写真の左側の●に位置するツボです。

 

 

などに効果的なツボとして有名です。

 

1、2分間ゆっくりと押してあげましょう。

 

 

足三里(あしさんり)

 

このツボは「胃のツボ」「足の疲労のためのツボ」として有名なツボですが、実はアレルギーによる鼻炎や蕁麻疹にも効果があるとされているのです。

 

ここをググッと押し込むように刺激してあげましょう。

 

 

 

続いては、
副鼻腔炎・蓄膿症に効くツボマッサージの方法!を紹介します。


副鼻腔炎・蓄膿症に効くツボマッサージの方法!

ここまでさまざまなツボを紹介してきましたが、副鼻腔炎・蓄膿症に効く方法として、ツボマッサージの流れを簡単に説明します。

 

  1. 首後ろのツボ「風池」あたりを揉みほぐしましょう(10秒間ほど)
  2. 両手の人差し指で、攅竹(眉頭)〜晴明(目頭付近)あたりを、鼻の骨をほぐすイメージで上下にさすってあげましょう
  3. 次に指を少し下へずらし、鼻通〜迎香あたりを上下に10回ほどさすってあげましょう
  4. 最後に、小鼻の横(鼻通あたり)を重点的にグルグルと円を描くように10秒ほどマッサージしてあげましょう

 

ツボは押すように刺激してあげるのも良いですが、副鼻腔炎(蓄膿症)や鼻炎の場合は、鼻筋をさすってあげるマッサージは特に効果的とされているため、ぜひチャレンジしてみてください。

 

ツボ以外にもある!副鼻腔炎(蓄膿症)の治し方!

筆者自身、慢性鼻炎や蓄膿症に15年以上苦しめられてきました。

 

そのため、当サイトでは自身の経験から蓄膿症や鼻炎のことを分かりやすくまとめていますので、ぜひ合わせてご確認ください!

 

特に以下の2記事では、これまでの治療体験も分かりやすくまとめていますのでオススメです。

 

 

 

また、自宅でのケアとして有名な「鼻うがい」に使う洗浄器のおすすめランキングもハナノア・ハナクリーンS(EX)・ナサリンを使い比べてみた!オススメ鼻洗浄器と使い方・コツ!でまとめています!

 

ぜひこれらも参考にしてみてください!

 

 

副鼻腔炎の基礎(種類や違いについて!)

  1. 急性副鼻腔炎の症状・原因・治療
  2. 慢性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
  3. 好酸球性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
  4. 副鼻腔真菌症の症状・原因・治療!
  5. 上顎洞炎(歯性上顎洞炎)の症状・原因・治療!

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加




 


















関連ページ

急性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
頭痛を伴う急性副鼻腔炎(急性蓄膿症)!風邪や細菌により副鼻腔が炎症を起こす事で発症します!治し方に併せ、治療期間も説明します!正しい知識があれば、早く治す事が出来ます!
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の症状・原因・治療!
口臭・鼻の奥が臭い!それ、蓄のう症かも知れません!症状(咳・頭痛・痛み)や、原因、治し方(改善)について説明します!自然治癒は?完治するの?治療期間は?
好酸球性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
副鼻腔炎の一種、好酸球性副鼻腔炎の特徴・治し方などを説明します!「はなたけ」は手術で治す事が出来るのか?詳しく解説します!
副鼻腔真菌症の症状・原因・治療!
真菌(カビ)が原因の副鼻腔炎「真菌性副鼻腔炎」。チーズ状の乾酪性物質が出たり、上顎洞が痛む、腫れる事が多いです。原因・治し方・症状を知りましょう!
上顎洞炎(歯性上顎洞炎)の症状と治療!
副鼻腔炎のひとつ「上顎洞炎」について、「歯性上顎洞炎との違い」や、何科を受診すべき?放置していいの?自然治癒はするの?という点を分かりやすく説明します。
航空性副鼻腔炎の症状・原因・治療!
代表的な副鼻腔炎(急性・慢性・好酸球性・副鼻腔真菌症)以外にも、実は気圧の変化で起こる副鼻腔炎があります。そんな航空性副鼻腔炎について説明します。
副鼻腔炎の手術内容や費用!
急性副鼻腔炎や蓄のう症、副鼻腔真菌症、好酸球性副鼻腔炎における日帰り内視鏡手術の内容、費用、体験談について。また、他の手術のメリット、デメリットも。
副鼻腔炎(蓄膿症)にオススメの市販薬・サプリ
急性副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)、後鼻漏に効果抜群!自然治癒を助けてくれるオススメの市販薬をランキング形式で紹介します。また、嫌なムズムズやドロドロをスッキリさせる「オススメのなた豆サプリ」も合わせて紹介します。
蓄膿症・副鼻腔炎の膿を出す方法(治療+自宅で出来るもの)
副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)では膿が溜まります。ここでは膿を出す方法(病院で行われる治療や自宅で出来るもの)について、個人的な経験から紹介しています。
副鼻腔炎・蓄膿症の抗生物質(抗生剤)は本当に効くのか?!
副鼻腔炎(蓄膿症)では抗生物質・抗菌薬が処方されるが、本当に効くのか?長期服用は大丈夫なのか?処方薬はクラリス・クラビット・ジスロマック・メイアクト・フロモックスあたりが有名です。
副鼻腔炎(蓄膿症)は治らないのか?
副鼻腔炎や蓄膿症を繰り返す・・・ 完治したと思ったら再発する、なかなか治らない・・・ その原因として考えられること、そして対処と予防についてまとめてみました。
副鼻腔炎(蓄膿症)と妊婦や授乳中の治療
妊婦の方や、授乳中の方が副鼻腔炎や蓄膿症をわずらった場合、どのような治療・対処が行われるのでしょうか?分かりやすくまとめてみました。
副鼻腔炎(蓄膿症)で熱・微熱が出る原因と対処
副鼻腔炎や蓄膿症では熱や微熱が続く場合があります。熱が下がらない場合の対処法や、蓄膿症の対処法、解熱剤を使うべきか?という点について説明しています。
副鼻腔炎や蓄膿症でも「鼻水が出ない」「鼻づまりなし」となる5つの原因
急性副鼻腔炎や、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されたのに、鼻づまりがおきず、鼻水も出ないというケースがあります。これはなぜなのか?まとめました。
副鼻腔炎・蓄膿症に良い食べ物と、悪化させる食事
副鼻腔炎や蓄膿症に良いとされている食べ物を12種類紹介。おすすめ簡単レシピもあります。また、悪化させる可能性のある食事もまとめています。
副鼻腔炎・蓄膿症と中耳炎の関係
副鼻腔炎や蓄膿症にかかると、中耳炎を合併することがあります。なぜ中耳炎になるのか?また、耳鳴りや耳が痛くなる理由、治し方を分かりやすくまとめてみました。
副鼻腔炎(蓄膿症)や鼻づまりで起こる「めまい」の原因と対処!
副鼻腔炎や蓄膿症、または慢性的な鼻づまりでは「めまい」が起きやすくなります。なぜめまいが起きるのか?その原因と対処、予防方法を分かりやすくまとめました。
蓄膿症・副鼻腔炎の臭いの原因と対策!
蓄膿症や副鼻腔炎では、臭いに悩まされます。ここでは、なぜ臭いがするのか?どのように対処すれば良いのか?を、筆者の経験のもと、副鼻腔炎(蓄膿症)の治療方法とともに説明していきます。
蓄膿症・副鼻腔炎の検査と診断方法について
蓄膿症・副鼻腔炎における病院での検査方法と診断についてまとめています。また、長年蓄膿症に悩まされ、治るまでの筆者の体験談についても紹介しています。

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報