気管支炎とは?症状・原因・治し方と薬(抗生物質)!治療期間や自然治癒の有無、治すには何科を受診?

花粉症・鼻炎のオススメ市販薬

気管支炎とは?症状・原因・治し方と薬(抗生物質)!
治療期間や自然治癒の有無、病院は何科を受診する?

 

咳がしばらく続いている・・・

 

そんな時に疑われる病気の一つに「気管支炎」があります。

 

症状が風邪とよく似ているので混同されやすいのですが、風邪とは違う疾患ですので風邪薬では気管支炎は治りません

 

今回は、意外と身近でありながらあまり知られていない「気管支炎」についてまとめてみました。

 

話の流れとしては、

 

  • 気管支炎とは何だろう?
  • 急性気管支炎の症状・原因・治し方(治療)
  • 慢性気管支炎の症状・原因・治し方(治療)
  • それぞれの治療期間はどれくらい?自然治癒するの?
  • 病院は何科を受診すれば良いの?
  • 個人的にオススメな方法!

 

という順でわかりやすくまとめています。

 

スポンサーリンク

気管支炎とは何だろう!?

「気管支炎」とはその名の通り「気管支に炎症が起こる病気」です。

 

では “気管支” とはどこにあるのでしょうか?

 

気管支の場所と役割は!?

気管支がどこにあるのか?どんな役割があるのか?簡単に説明しておきましょう。

 


画像引用:http://health.goo.ne.jp/medical/body/jin022

 

喉の中には二つの管が通っています。

 

一つは食べ物や水分が通る「食道」で、こちらは胃につながっています。

 

もう一つが空気が通る「気道」であり、気道は肺へとつながっています。

 

この「気道」と肺とをつないでいるのが「気管」であり、その気管が左右の肺に接続している部位が「気管支」です

 

なお、気管支はただ左右の肺と接続しているわけではありません。

 

とても複雑な網目構造を持っており、先端に向かうにしたがい細くなり、肺の組織である「肺胞」に接続しているのです。

 

そして気道から気管、そして気管支へと空気が入っていくに従って、空気の温度調整が行われ(多くの場合は温められて)、肺に負担がかからないようになっています。

 

こうすることで外気の影響を最小限にして、「体内に取り込まれる気体の温度と圧力(気圧)を調整する」という重要な役割があるのが気管支です。

 

もちろん、酸素と二酸化炭素を入れ替える「ガス交換」も気管支を通じて行われています。

 

このように重要な役割を担っている「気管支」に、何らかの影響で炎症が起こるのが「気管支炎」です。

 

気管支炎は、気管支の奥の方で起こるほど重症度が高く、治療が困難になります。

 

なお、気管支炎には

 

  • 急性気管支炎
  • 慢性気管支炎

 

があります。

 

ただし急性気管支炎と慢性気管支炎では原因が異なりますので、ここからは別々の病気として説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

急性気管支炎の症状・原因・治し方(治療)・薬について

ではまずは「急性」の気管支炎についてです。

 

 

急性気管支炎の症状

急性気管支炎は、感染症によって急激に呼吸器症状が出現するタイプです。

 

慢性気管支炎に比べると重症度が高いものが多いのですが、多くの場合一過性であり治癒する確率も高いです。

 

症状としては、一般的に

 

 

といった「風邪症状」からはじまります。

 

その後、

 

  • 激しい咳(痰の含まれた湿った咳)
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 呼吸困難
  • 意識消失
  • けいれん発作
  • 胸痛
  • 喀痰(痰を吐くこと)
  • 目の充血
  • 頚部の腫脹
  • 声が枯れる
  • 39度以上の高熱(インフルエンザを伴う場合)
  • 節々の痛み(インフルエンザを伴う場合)

 

などがみられます。

 

さらに、炎症が強い場合は

 

 

などがみられる場合もあります。

 

 

急性気管支炎の原因は?

急性気管支炎の主な原因は、病原菌・ウイルスによる感染症です。

 

主な病原菌感染症としては

 

  • インフルエンザウィルス
  • アデノウィルス
  • RSウィルス
  • 肺炎球菌
  • マイコプラズマ
  • 肺炎クラミドフィラ

 

などがあります。

 

また、高齢者や大掛かりな手術をして抵抗力が弱っている人の場合は

 

  • 黄色ブドウ球菌耐性菌(MRSA)
  • トキソプラズマ
  • カリニー肺炎

 

など、「健康な人であれば感染しても発病しないような病原菌」からも、急性気管支炎を発病することがあります。
(このような病態のことを日和見感染症と言います。)

 

スポンサーリンク

 

急性気管支炎の治療法と薬について

急性気管支炎の場合、原因のほとんどがウィルスなどの病原菌であるため、対症療法が行われます。

 

この病気の原因菌には既存の抗生剤が効かないケースが多いので、出現している症状を和らげるための薬物療法がメインとなります。

 

基本的に処方される薬としては

 

  • 去痰剤(痰を切って呼吸を楽にする薬)
  • 消炎鎮痛剤(解熱剤)

    ⇒熱がある場合

 

になります。

 

感染拡大を防ぐためにも、不要な外出はできるだけ避けて、体力を温存するために自宅で安静にしているのが基本となります。

 

また、高齢者の場合は二次感染を防ぐために「抗生物質」や「抗菌薬」が処方されるケースもあります。

 

〜処方される薬の例〜

 

  • 去痰剤

    ⇒ムコソルバン、ビソルボンなど

  • 消炎鎮痛剤

    ⇒インダシン、ボルタレンなど

  • 抗生物質(二次感染防止用)

    ⇒ビクシリン、サワシリンなどのペニシリン系抗菌薬

 

その他の注意点としては、

 

  • 水分をこまめにとって喉が渇かないようにする
  • 深呼吸を行って肺の機能を高める
  • 栄養を十分に摂る
  • ゆっくりと休む
  • 長めの散歩など適度な運動をする(ただし症状が落ち着いてから)

 

などが挙げられます。

 

 

では続いて
「慢性気管支炎」について紹介します。


慢性気管支炎の症状・原因・治し方(治療)・薬について

続いては「慢性」の気管支炎についてです。

 

 

慢性気管支炎の原因は?

慢性気管支炎は、基本的に「原因が不明なまま、咳・痰が長く続く状態」を言います。

 

具体的には、

 

  • 1年のうち3ヶ月以上、咳や痰が続いている
  • かつ、それが2年以上続いており他の症状が見られない場合

 

です。

 

ただし、考えられる原因としては

 

  • アレルギー(ハウスダスト、食物アレルギー、ダニなど)
  • 大気汚染
  • 喫煙
  • 受動喫煙
  • 家庭や職場での刺激物や化学物質の吸引
  • 自己免疫性疾患

 

などが挙げられています。

 

特にアレルギーによる慢性気管支炎は「気管支喘息」、喫煙や大気汚染によるものを「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と呼んでいます。

 

なお蓄膿症(副鼻腔炎)と、それによる後鼻漏(鼻水が喉に流れる症状)が原因となっている咳や痰であっても、「慢性気管支炎」という診断名を使う医師もいるようです。

 

ちなみに原因の一つとしてあげている「自己免疫性疾患」とは、「何らかの原因で免疫システムが暴走して、健康な細胞まで攻撃し始める病気」の総称であり、その中の

 

  • 膠原病(こうげんびょう)
  • リウマチ熱
  • リウマチ性肺炎(間質性肺炎)

 

などが慢性気管支炎を引き起こしやすい疾患になります。

 

同じように「免疫システムが暴走する疾患」にはアレルギーがありますが、アレルギーは「原因物質が明確であり外部からくるもの」です。

 

それに対し、自己免疫性疾患は「原因物質が特定できず、内部的なもの(体内で合成される物質)である」という違いがあります。

 

急性気管支炎の多くが一過性なのに対し、慢性気管支炎は文字通り慢性的で、一度かかると治療困難なものや、少なくとも数年単位での治療を要するタイプが多くなります。

 


 

慢性気管支炎の症状とは?

慢性気管支炎では

 

  • 激しく断続的な咳(乾いた咳)
  • 喀痰(痰を吐くこと)
  • 鼻茸(慢性鼻炎を合併したり、気管支喘息の場合によく見受けられます)
  • 37度前後の微熱
  • 節々の痛み(関節炎)
  • 頭痛
  • 不眠
  • うつ状態
  • ゼェゼェという喘鳴音
  • 慢性鼻炎や蓄膿症(副鼻腔炎)の合併
  • 睡眠時無呼吸症候群の合併
  • 呼吸困難
  • 意識障害(頭がぼーっとする)
  • 集中力の欠如
  • 胸痛
  • 慢性疲労(慢性的な咳によるもの)
  • 目の充血(不眠やうつから目の充血が起こりやすくなります)

 

などの症状が見られます。

 

急性気管支炎に比べると炎症自体は軽度なので、喉の痛みや腫脹は少ないですが、炎症部位が気管支の奥深くにまで及んでいるケースも多く、治りにくいという特徴があります。

 

特に自己免疫性疾患やアレルギーが原因の慢性気管支炎は、難治性(完治が見込めないという意味)の疾患となります。

 

 

慢性気管支炎の治療法と薬について

急性気管支炎とは違い、慢性気管支炎の場合は

 

  • 慢性安定期

    ⇒日常生活にほとんど支障がない状態

  • 急性増悪期

    ⇒発作が出て日常生活が満足に送る事が出来ない状態

 

に分類されます。

 

また原因が大気汚染やアレルギーなどによるものなので抗生剤の投与は意味がありません。

 

さらに難治性が多いため、薬物による対象療法がメインとなります。

 

では、慢性安定期と急性増悪期にわけて治療法を説明していきましょう。

 

 

慢性安定期の治療法と薬

慢性安定期の場合、

 

  • 咳や痰の軽減
  • 呼吸困難の改善
  • 症状悪化の予防

 

がメインとなります。

 

気道を広げて呼吸を楽にする薬として

 

  • β2刺激薬:ベロテック、メプチンエアー、アドエアなど
  • キサンチン製剤:テオフィリン、テオドールなど

 

などが症状に合わせて投与されます。

 

また、アレルギーによるものの場合は「抗アレルギー薬(キプレス、ザイザルなど)」も合わせて処方されます。

 

痰が絡む場合には「去痰薬(ビソルボン、ムコソルバンなど)」が処方されます。

 

インフルエンザを合併した場合は、「抗インフルエンザ薬(リレンザ、タミフルなど)」が追加処方されます。

 

 

急性増悪期の治療法と薬

慢性気管支炎の急性増悪期とは、次のような状態です。

 

  • 「息切れが強く、咳や痰が断続的に続く」
  • 「呼吸が荒くなり、血液ガス異常が高度になる」
  • 「下肢に浮腫が確認出来る」
  • 「疲れると呼吸困難を伴う心不全状態になる」
  • 「肺炎を合併している」

 

このような時は、至急医療機関を受診するようにします。

 

病院では気管支拡張剤、去痰剤の点滴、酸素吸入などが行われますが、それで改善しない場合は入院することになります。

 

心不全に対しては心臓マッサージ、利尿剤や強心剤の投与が行われます。

 

※利尿剤は血圧を下げて心臓への負担を減じるために投与されます。

 

 

 

では続いて
「気管支炎の治療期間はどれくらい?自然治癒する?」についてです。


 

気管支炎の治療期間はどれくらい?自然治癒する?

治療期間に関しては、病名の定義と照らし合わせてみます。

 

 

3週間以内に治療可能なもの

「急性気管支炎」の場合、臨床上は

 

“発症後3週間以内の気管支炎”

 

と定義されています。

 

気管支炎を発症している原因にもよるのですが、急性気管支炎の治療ではだいたい3週間を超えない範囲で治療可能なものになります。

 

そして、治療期間としては一般的にはだいたい1週間から10日以内で治るタイプが多くなります。

 

なお、ほとんどの場合が「自然治癒します」ので、治療と言っても肺炎等への予防として抗生物質が用いられたりするくらいです。

 

ただし、それが「急性」なのか、今後「慢性」となる可能性があるのかは分からないと思いますので、咳が続いている場合はとりあえず早めに病院を受診しましょう。

 

 

3週間を超えるもの

3週間を超えた咳や痰などは、以下のような診断となります。

 

  • 3週間以上、8週間未満

    ⇒遷延性咳嗽(せんえんせいがいそう)

  • 8週間以上

    ⇒慢性咳嗽


※咳嗽とは「咳こむ」という意味です。

 

そして咳嗽の原因が気管支にある場合には、「慢性気管支炎」という確定診断になります。

 

慢性気管支炎の治療期間は年単位に及ぶ可能性があり、アレルギーが原因の場合では生涯に渡り薬を飲み続けなければならない場合もあります

 

ただし、COPDのように喫煙が原因で起こる慢性気管支炎の場合は、禁煙により自然治癒することもあります。

 

 

気管支炎は何科を受診すれば良い?

気管支炎は原則として「呼吸器科」がメインの診療科ですが、耳鼻咽喉科内科でも受診可能です。

 

ただし総合病院などの場合は

 

呼吸器科>耳鼻咽喉科>内科

 

の優先順位となるでしょう。

 

クリニックの場合は内科よりも耳鼻咽喉科の方が良いと思われます。
(ただし呼吸器系のクリニックが近くにない場合)

 

 

個人的にオススメしたいもの!

長らく「ゴホゴホ」「ゼェーゼェー」と続いている方に、個人的にオススメしたいものを紹介させて下さい。

 

筆者には12歳の息子がいますが、私自身がアレルギー持ちのためか、息子もまた色んなものにアレルギーを発症します。

 

そして気管支炎(慢性的・断続的にでるので、喘息とも言える状態)も持ち合わせています。

 

そんな息子を、実家につれて帰って「普段使っていない(筆者の)部屋」で寝かせると、高確率でゼェーゼェー、ゴホゴホと状態が酷くなります。

 

これは長らく部屋を使ってないがための「ハウスダスト」によるものだと思われるのですが、その対処として

 

喘息薬(市販の“アスクロン”など)

 

を飲ませていました。

 

※部屋掃除ももちろんします

 

しかしこれらの薬は苦くて子供には苦痛ですし、普段から断続的に症状が出るたびに飲ませるのも可哀想だなと思っていました。

 

そんな時に、ダメ元で「お茶」を飲ませたところ、これが効果抜群でした。

 

「白井田七茶(しらいでんしちちゃ)」という緑茶で、『静岡の良質な緑茶』に

 

田七人参(でんしちにんじん)

 

と呼ばれる、漢方にも使われる植物が含まれています。

 

緑茶には「メチル化カテキン」という成分が含まれているのですが、実はこの成分が「ゼェゼェする際に出る体内の原因物質」を抑え込むという効果が証明されています。

 

さらにここに「田七人参」に含まれる以下の成分が、+αとして働きかけてくれます。

 

サポニン

カテキンの吸収力をアップしてくれるため、原因物質の抑えこみをより強めてくれる

 

有機ゲルマニウム

免疫力向上・アレルギー抑制効果があるとされている。

 

フラボノイド

こちらもアレルギー対策・抗酸化作用が有名。

 

その他成分

その他、「デンシチン」「田七ケトン」が含まれているが、これらはともに「身体の巡りを良くする」ことで有名。

 

血行が悪い

体内の各臓器に栄養が運べなくなり、機能が低下

全身の代謝が落ちる

有害物質を解毒できなくなる

アレルギーを誘発しやすくなる

 

この流れのとおり、「身体の巡りを良くする事」は対策として有効とされている。

 

ということで、息子の苦しそうな状態がピタッと治まったのには、それなりの理由はあります。

 

というより、ゼェゼェ・ゴホゴホした状態に特化したお茶です。

 

ちなみに非常に飲みやすいため、普段からそのような状態の方であれば、お子様から大人までオススメできます。

 

なお、購入時は単品でも購入できますが、初回半額になるので定期で購入する方がお得です。

 

1回目を受け取り、2回目から受け取りの選択ができる(休止OK!)ので、とりあえず定期購入で購入し、止めたい人は電話もしくはメール1本でOKです。

 

筆者は電話しましたが、実際に10秒くらいで休止手続きできました。

 

「定期購入」と聞くと不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、その点は信用できる会社ですのでご安心ください。

 

ということで、皆さまのゼェゼェゴホゴホした状態にも良いとは言い切れませんが、長年「慢性的・継続的」だった状態がピタッと止んだくらいなので、役立つ可能性はあると思います。

 

特に薬が苦手な小さなお子さんに普段から飲ますという意味では、結構オススメです。

 

私が小さい頃はゼェゼェするたびにニガイ薬を色々と飲まされていましたが、今は色んな成分が発見されてこういった商品に応用されているので、便利で生きやすい社会になったな、と思ったりもしました。

 

安いですし一度試してみるのも良いかと思い、紹介させて頂きます。

 

参照:『白井田七。茶』公式HP
http://www.sakura-tuhan.com/

 

 

その他よくある質問について

気管支炎においてよく疑問にあがる

 

  • うつる病気なの?
  • どんな食べ物を食べたらいい?
  • オススメの市販薬や漢方は?
  • 気管支炎に良いツボとは?

 

という点については、気管支炎はうつる?咳痰に良い食べ物(食事)・市販薬と漢方・ツボ!にて、わかりやすくまとめています!

 

まとめ!

いかがでしたでしょうか?

 

気管支炎は、急性・慢性では原因が違うことがお分かりかと思います。

 

高齢者の場合、肺炎へ悪化すると命にも関わってきます。

 

咳が長らく続いている場合は市販品だけで対処しようとせず、とりあえず病院を受診しましょう。

▼少しでも多くの方に届くよう、シェアして頂けますと幸いです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

おすすめ関連ページ!

 



 


















関連ページ

喘息(気管支喘息)の症状・原因・治療・予防と、受診すべき科について
喘息(気管支喘息)の症状や原因・治療・予防を分かりやすく説明します。また、乳児・幼児、大人によっても診察を受けるべき病院は変わります。小児科を受診すべきか、呼吸器科で診察を受けるべきか、説明します。
小児喘息と大人喘息の違いとは?
小児喘息と成人喘息(大人の喘息)、その違いはどこにあるのでしょうか?症状・原因・治療・予防の観点から分かりやすく説明しています。
アスピリン喘息の症状・原因・治療
アスピリンや解熱鎮痛剤に反応してしまう「アスピリン喘息」の症状・原因・治療について説明します。また、発作時の対処・治療方法についても記載しています。副鼻腔炎や喘息を持っている方は注意です!
咳喘息の症状・原因・治療・診断基準・受診すべき科について
喘息の前兆とも言われる「咳喘息」。ここでは症状・原因・治療・診断基準や、受診すべき「病院・科」について説明します。その他、「完治する?」「ストレスは関係するの?」についても回答します。
喘息や咳喘息に効くツボ
気管支喘息や咳喘息の発作や予防・対処に役立てよう!喘息・咳喘息に効く手や足のツボをわかりやすく紹介しています。また、喘息や咳喘息についても分かりやすくまとめています。
喘息・咳喘息にオススメの市販薬(漢方含む)
喘息や咳喘息におすすめの市販薬や漢方薬を紹介します。また、喘息治療の第一選択肢である「吸入薬」は市販されているのでしょうか?購入時の注意を含めて紹介しています。
気管支炎はうつる?おすすめの食べ物・市販薬・ツボ、タバコやストレスとの関係
気管支炎はタバコやストレスになるって本当?気管支炎はうつる病気なの?気管支炎の症状(咳や痰)に良い食べ物やオススメ市販薬、ツボ押しについて紹介しています。

鼻の病気web【トップページ】 鼻くそがたまる理由 鼻くそを食べてしまう方へ 運営者情報